家族全員インフルエンザの中、私だけが大丈夫だった理由は?

冬になるとインフルエンザが猛威をふるい、家族に感染しないかと毎日ヒヤヒヤしますよね。2019年は、11月頃から学級閉鎖が出る学校もあり、流行が例年以上に早かったのも印象的です。

我が家でも、昨シーズンは子ども2人と夫がインフルエンザにかかり、とても大変でした。しかし、私だけは感染を逃れ、結局インフルエンザになることなく冬を越えることができました。

なぜ、私だインフルエンザから逃げきれたのか、素人なりにその理由を考えてみました。

家族は皆、同じ状況だった

一番最初にインフルエンザになったのは、娘でした。保育園でもまだ誰もかかっていなかったので、どこかお出かけした時にでももらってきてしまったのでしょう。

そして、次にかかったのは息子。「寒い、寒い」とガタガタと震えだし、あっという間に高熱に。すぐに病院へ行き薬をもらいました。この時点で「次は私だろうな」と覚悟を決めていました…。

しかし、予想に反して次にインフルエンザになったのは夫でした。子どもからなのか、会社なのか、感染源は分かりません。可哀想だとは思いつつ、いつ自分も熱が出るかヒヤヒヤ。

家族で一人だけ予防接種をしていたとか、スペシャルなケアをしていたとかは一切ありません。皆で同じ物を食べ、一緒に過ごしていたんですが、3人が回復してしばらく経っても、私だけは熱が出ることもなく、気が付いたらインフルエンザの流行は終わっていました。

私だけがインフルエンザにならなかった理由とは?

冬が過ぎて、考えてみました。なぜ、私だけがインフルエンザにならなかったのか…。同じ家で過ごしていたのに、なぜ子どもや夫はかかってしまったのか…。

毎日の生活を振り返ってみると、ひとつだけ、理由と思えるものがありました。それは「朝起きてすぐに歯を磨くこと」

子どもや夫は朝食を食べてから歯を磨きます。私も以前はそうでした。しかし「起きた時の口内はバイキンだらけ」との情報を見てから、起きてすぐに歯を磨くようになったのです。

色々考えて見ても、それぐらいしか理由が思い付きませんでしたが、朝すぐの歯磨きで、口内のバイキンが体の中に行くことを防げているなら、風邪などの病気もかかりにくくなるとも考えられますよね。そう言えば、朝の歯磨きを始めてから風邪もひいていません。

朝の歯磨きもインフルエンザ予防になるかもしれない

「朝の歯磨きでインフルエンザ予防」

これは、あくまで私の体感です。それでも、この習慣で風邪をひきにくくなったのは事実です。

子ども達にも朝の歯磨きを勧めているのですが、イヤがるので朝食を食べる前にうがいをするように言っています。これでも効果があると良いのですが…。

基本と言われている「手洗い・うがい」はもちろん、規則正しい生活、バランスの良い食生活など、できることからインフルエンザを予防していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です