1歳の娘と映画館へ行った結果…

映画館OKの年齢に明確な決まりはない!?

子どもの映画館デビューは、何歳頃が良いのでしょう?

調べてみると、「3歳から有料」「3歳未満は膝の上で映画を鑑賞」などと明記している施設が多いようですが、明確な決まりを設けているところは少ないようです。

しかし、その一方で「上映中は静かに」「他のお客様の御迷惑にならないように」との注意書きも…。結局、何歳から映画館ってOKなの〜〜!?

子ども映画館デビューの心得

我が家にはふたりの娘がいるのですが、長女の映画館デビューは3歳でした。その際、会場が暗くなった途端に大泣きしてしまい、とても大変でした。

そんな苦い経験をしたにもかかわらず、1歳6ヶ月の娘を映画館デビューさせた際の実体験です。

子供向けの映画を選ぶべし!

実は、学生の頃に映画館でバイト経験のある私(10年以上前だけど…笑)。「アンパンマン」や「ドラえもん」など、比較的同じ年頃のお友達が集まりやすい子供向けのアニメ映画なら大丈夫と、勝手に認識していました。

そこで、1歳6ヶ月になる次女の映画館デビューに選んだのは、某雪国のお姫様の映画。しかし、ちょっとこれは選択ミス!

カップル率高っっっ!!!

アニメとは言え、ファンが多い映画は大人のお客さんも多いので配慮が必要ですね。

出口付近の座席を確保すべし!

退席時に他のお客さんに迷惑を掛けないよう、座席は出入り付近がベスト。

子どもがぐずり出したら、迷わず退席!子連れで行くなら、これはもはや暗黙のルール…。

しかしこれ、実は他にもメリットがあるんです!

映画館のつくりにもよりますが、多くの映画館の場合、映画館の入り口から座席に行くまでに、人目につきにくい通路があります。

ここからはスクリーンもよく見えるし、他の人の目もほとんど気になりません。そして、壁があるので、立ち見をしても他のお客さんの視界を遮る心配もありません!

私の次女も、映画の中盤を越えた当たりから飽きてしまったようで、膝から降りてしまいました。すかさず、娘を抱えて避難!障害物もありませんので、少しこのスペースで歩かせながら、私はチラチラと映画を観ていました。

ただし、子どもの声が大きいな…と感じたり、ぐずりがおさまらない時は、速やかに退席したほうが良いですね。

子どもの性格を見極めるべし!

結局、最終的にはこれです。子どもによって、大きい音が苦手だったり、暗い所が苦手な子もいます。

実際に、我が家も長女は3歳でも大泣きでしたが、次女の場合は会場が暗くなっても全く動じず。途中、少し飽きてしまったものの、大きな声で騒ぐこともなく、終盤ではグッスリ寝ていました。

さすが、ふたり目となると肝が座っていらっしゃる!笑

年齢に限らず、子どもの性格や日頃の様子から見極めると良いかもしれませんね♪

映画館では子ども連れOKのサービスがある!

映画館によっては、子ども連れのパパ・ママを対象とした専用の上映回があるのをご存知ですか?

通常の上映よりも、会場内の証明や音響が配慮されています。同じような月齢・年齢のお子様連れの方ばかりなので、子どもがぐずってもお互い様♡

いつもの公園に飽きたら、映画館デビューはいかがですか?

【高崎市】109シネマズ高崎

ふれあいシネマ

【前橋市】ユナイテッド・シネマ前橋

抱っこdeシネマ

【伊勢崎】MOVIX 伊勢崎

ほっとママシネマ

お子さんと一緒に、楽しく映画鑑賞をしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です