子どもの習い事は何をするべき?我が家の場合

子どもの習い事は、たくさんあって何をさせるべきか悩んでしまいますよね。「幼児から早めに習い始めた方がいいらしい」なんて耳にしたら、焦ってしまいます。

  • 子どものやりたい事
  • 親の希望
  • 予算
  • 教室の立地が通いやすい
  • 曜日などの日程、時間帯があう
  • お友達がいる

など…何を基準にしたらいいのでしょう?

子どもの習い事はどうやって決めた?

実際2017年のデータとなりますが、

習い事ランキング(高学年)

  • 1位 水泳
  • 2位 英語・英会話
  • 3位 ピアノ
  • 4位 書道
  • 5位 学習塾・幼児教室
  • 6位 そろばん
  • 7位 サッカー
  • 8位 その他スポーツ
  • 9位 テニス
  • 10位 ダンス・ダンス


※リクルートマーケティングパートナーズ:『ケイコとマナブ』 2017年 子どもの習い事アンケートより

近年は、プログラミングやロボット教室なども増えているようですが、 やはりスイミングは幼児から始める習い事としては、王道ともいえます。

我が家の習い事

我が家で子ども達がおこなった習い事は、

  1. スイミング
  2. ピアノ
  3. レスリング(体育教室)
  4. ロボット教室
  5. 卓球 

習い事デビューは、ベビースイミングでした。水に慣れるには、早い方がいい!ベビーから始められる!一緒にできる!とあって、スタートしました♪

ピアノ、レスリング(体育教室)は、集中力up!頭が良くなる!先々どのスポーツをするのにも良い!という、理由からでした。

幼少期・低学年の時期は、 子どもの意志よりも、親の希望を重視して決めていました。基礎体力・集中力重視だったように思います。 高学年になるにつれて、子どもの希望や興味にあわせて変化していきました。

習い事をやってみて思うこと

良かったと思えたこと

  • お友達が増える
  • マナーを覚える
  • 努力を覚える
  • スポーツ系の習い事だと、大人や友達と関わりや、大会や遠征などを通して、普段、味わう事のない経験や学びがある

悩ましく思ったこと

  • 友達と遊ぶ機会が減る
  • 自由や暇が減る
  • スポーツ系習い事であれば、土日に大会などの行事が入る

習い事そのものが上達したり、習得するだけでなく、あいさつや、習う態度、マナー、本当に様々な経験をすることができます。

そういった成長を見るたびに「習い事をさせてよかった」と思いました。

しかし、低学年のうちは、週1回程度の習い事がほとんどですが、高学年のスポーツ系の習い事では、レッスン日や練習時間が増えました。大会等の行事に土日がとられ、頑張れば頑張るほどレベルがあがり、その忙しいループに入っていく事がありました。

習い事を決めるうえで大事にして欲しいこと

まずは、体験や見学があれば、どんどん活用してください。お子さんが興味がわきそうか、 楽しめそうか、体験が一番です♪

その際、システム、料金を聞くことは、もちろんですが、おおまかな年間予定も聞いておくことも大事です。

また、その教室で、保護者のかかわり具合や雰囲気を実際に習いに来られてる保護者さんにどうですか?と聞いてみるのもおすすめです。

また、よく陥ることですが、気が付くと習い事に振り回されている!と思う事があります。初めは楽しくやっていたのに、いつの間にか上達とともに、土日もなくなり、練習が増え、遠征が家族旅行になり、友達とゆっくり遊ぶ時間が減る事もあります。

もちろん、子ども自身が楽しくてやっていれば、悪い事ではありません。ただ、最近の子ども達は親世代が習っていた勉強範囲よりも多くの事を勉強し、あれもこれもと忙しくしています。

今思うと、「今日は何をしようかなー」と暇を持て余せる時期がとても少なかった気がします。そして、そのことが、ふと残念に思う事があります。

習い事を決めるには

  • 家族が求める生活スタイルなのか
  • 子どもは楽しめているのか
  • 忙しすぎないか

などのポイントから選んでいくのが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です