小1の壁ーうちの子、大丈夫?

そろそろ4月、新生活が始まりますね。ワクワクするけどちょっぴり不安。特に新1年生のお子さんのママは、心配が尽きないのではないでしょうか?筆者もそうでした。もともと心配性なので、あれも心配、これも心配と…。

今回は、新1年生のママに向けて、筆者の体験談を交えつつ、そんなに心配しなくても大丈夫!というエールを送りたいと思います。

実際に心配だったこと、あれこれ

小学校まで歩いて行けるの?

保育園・幼稚園は基本的に送迎ですよね。でも小学校には自分で通わなければなりません。息子も校区の端の方から通わなければならず、登校班もない学校でしたので、基本一人での通学でした。

重いランドセルをしょって、遠く学校まで歩けるのかな、事故に合わないかしら、不審者に遭遇したらどうしよう…。そんな心配から、出勤ついでに学校近くまで送ったこともありました。

放課後・長期休みはどうしよう?

学校が終われば、子供は学校から帰されます。保育園・幼稚園のように、親の帰宅時間まで預かってはくれません。誰かがおうちで子供の帰りを待っていてくれるような環境が理想なのでしょうが、核家族・共働きが多いこの時代、そのような家庭も少なくなってきているのではないでしょうか?

筆者も核家族。息子を1年生のうちから一人にさせるのは不安でした。また保育園時代はなかった長期休みの問題が!学校は春・夏・冬と長期休みがあるので、その間子供を預かってくれる場所も必要ですよね。

そのため筆者は学童保育を利用しています。学童保育も需要が多いので、順番待ちだったり、希望の学童に入れなかったりすることもあります。学童によっては、利用できる学年に制限があるところもあります。事前リサーチが必須です。

勉強についていけるかな?

筆者は、息子の幼児期の勉強には無頓着でした。幼稚園やお勉強に力を入れている保育園出身の子たちとは、差がついてしまうかも・・・。勉強についていけるかな?漠然とした不安がありました。

いじめられたらどうしよう?

息子は長く一人っ子として育ったため、のんびり・マイペースな性格です。通っっていた保育園も、平和でトラブルも少なく、揉まれた経験もほぼありませんでした。ヤンチャなお友達にいじわるされたらどうしよう?学校行きたくないって言ってきたらどうしよう?と、とにかく心配でした。

入学後はこんな感じでした

息子は学区内にある保育園出身だったので、保育園からのお友達がそのまま小学校へ、という環境でした。息子にはその環境が心地よかったようです。入学後2週間くらいは学校近くまで送っていましたが、仲良しのお友達ができるとともに、一人で登校できるようになりました。

なかには入学後1か月たっても親が送ってくる子、さらに教室まで親がついてくる子など、1年生のうちは、その子に合わせた方法で学校に慣れさせている感じでした。それについてうるさく言われることもなさそうでしたよ。

慣れるペースは違えども、みんないずれ一人で通えるようになります。子供はたくましいし、順応力もすごいです。今では学童にお迎えに行っても、早い時間だと逆に怒られてしまいます。もっと友達と遊びたかったのに…と。

筆者は、学童も異年齢交流ができる貴重な場所だと思っています。「ちょっと前までは上級生に面倒を見てもらっていた息子が今では下級生の面倒を見ている」なんて話を学童の先生から聞くと、息子の成長に思わず胸が熱くなります。

小1の担任はベテランが多いから安心?

入学時の担任の先生は、何年か1年生を担任した経験があるという女性の先生でした。隣のクラスも女性のベテラン先生が配置され、1年生にとっては先生がお母さんのような安心できる配置だったと思います。

息子が初めてお友達とのトラブルにあった時にも、連絡帳で相談したら丁寧に相談にのってくださり、その後のフォローもしてくださいました。

学習参観などに参加して感じたのですが、去年まで幼稚園生・保育園生だった子供たちに勉強を教えつつ、勉強する姿勢・社会性を身につけさせてくださる先生たちには感服いたします。ものすごく深い懐と忍耐で、子供たちに接してくださっていました。筆者にはとても真似出来ません…。

入学してみたら、意外と大丈夫!!

心配していた勉強のことも、杞憂に終わりました。1年生のお勉強は、平仮名、数字の書き方から始まります。保育園でお勉強は習ってこなかった息子ですが、ゆっくり時間をかけて教えていただき、問題なくついていけていました。

お友達間のトラブルも、きっと小さいものはたくさんあるのでしょうが、子供同士で解決できることがほとんど。小さなトラブルは自分たちで解決できるように、先生方が指導してくださっているようです。

内気だったはずの息子は、いつの間にか、休み時間は基本外遊び!授業中の発表大好き!「リーダー?俺に任せろ!」という、豪快な性格になっています。世界が広がると性格も変わるんですね。息子が楽しそうなので、なによりです。

こんな気持ちで臨んでいくのがおススメ

保育園時代と一番違うこと。それはやはり、学校はお勉強の場所だということです。基本的な生活習慣を身につけさせること、しつけは親の仕事です。それをごちゃまぜにしてしまうと、学校への不満がつのる危険性も・・・。

保育園時代は、息子のおむつ外しから食事の仕方、何から何までご指導いただき、保育園さまさまと思っておりましたが、学校は違います。筆者もそうでしたが、保育園と比べてしまうと、学校の対応がどこか不親切に思えてしまうかもしれません。

また、とにかく平日の行事が多いです。学習参観、家庭訪問、行事の準備や手伝い、PTAの会合などなど。1年生は特に入学後しばらく早帰りが続いたり、学校行事のため半日で下校だったり、最初は働く親にとっては負担に感じることが多かったです。

でも親ならばみんなが経験してきていること。働くママさんたちの職場の方々も、きっと事情は理解してくれると思います。でもお休みをとらせてもらうことへの感謝は忘れずに。普段からお休みをとりやすいような、円満な人間関係を作っておくことも大切だと思います。

最後に・・・

学校と先生への感謝の気持ちを忘れずに。

学校にすべてお任せはいけません。また、最終的に子供を守るのは親です。

お子さんの様子をよく観察して、話をたくさん聞いてあげてください。忙しい毎日、それが一番難しいことなんですけどね。お子さんが、学校は楽しい!と思ってくれたらそれが一番です。ママも安心できる、楽しい学校生活が送れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です