【新学期】発達が心配な子は学校でどんなことに気を付けるべき?

4月になると新しい環境になり、子供も親も何だかソワソワしますよね。我が家の息子は発達障害(ADHD)があるので、新しいクラスで問題はないかな?と毎年不安になります。

発達が心配な子が少しでも快適に過ごせるように、親には何ができるのでしょうか?私が個人的に気を付けている点などをご紹介していきます。

①先生にはとことん頼る

新しい担任の先生には、心配なことや不安なことをあらかじめ相談しておきます。最初が肝心。迷惑をかけてしまいますが、子どもの特徴や苦手なことなどを伝えて、できる限りの配慮をお願いします。

例えば、息子は集中力がなく片付けができません。気が付くと机はぐちゃぐちゃ、物はなくす、授業を聞いていない…。そのため、先生にお願いして席はいつも前の方にしてもらっています。

先生のすぐ近くなら、話も聞きやすいですし、声掛けをしてもらい整理整頓に注意できるようになります。席替えはくじ引きで決めるようですが、先生はうまくバレないようにやってくれます(笑)。

先生によっても配慮に違いはある

先生によっても発達障害についての対応はさまざまです。幸い、息子の担任は理解があり色々なサポートをしてくれましたが、希望が伝わらない時もあると思います。

先生もクラス全員を見なければならず、一人だけを特別扱いするわけにもいかいでしょう。そんな時でも、遠慮せずに要望は伝えてみるのをおすすめします「期待はしすぎないで、希望は伝える」というスタンスが良いかもしれませんね。

②普段からコミュニケーションをとる

先生とのコミュニケーションは普段から意識してとるようにしています。私から連絡しなくても、色々なことで担任から電話やお手紙をもらうのですが、何かある時には連絡帳に書いて伝えるようにしています。

何でもかんでも先生にお願いするわけにもいかないので、必要な時だけになりますが、声を掛けて欲しい時や体調が心配な時などはお知らせしています。

普段から先生とコミュニケーションをしておくと、学校での様子も聞きやすいので助かります。

子どもともコミュニケーションをとる

我が子とのコミュニケーションは当たり前かもしれませんが、小学生になるとだんだんと学校でのことを親に詳しく話さなくなってきます。しかし、昼間の様子は見ていないので全く分かりません。

そのため、普段から質問して「今日はどうだった?」「授業は楽しかった?」などを聞くようにしています。ただ、あまりしつこく聞くとうるさく思われてしまうので、なるべく自然に会話に入れるように心がけています。

③子供の苦手を分かっておく

誰にでも得意・不得意があります。息子もそうなのですが、発達障害を持つ人は得意・不得意の差が大きいと言われています。苦手なことは本人が努力しても、周りと同じようにできないことも。

勉強や運動など、人によって苦手なことは違いますが我が子の苦手を知っておくと安心です。苦手が分かっていれば、対処の方法も考えられます。

例えば、息子は漢字と算数が苦手。漢字はたくさん書き取り練習をしても、全然覚えられません。そのため、ただたくさん書くのではなく、漢字の書き方を声に出して語呂合わせのように覚えるようにしています。(語呂合わせの本を見ています)

また、算数は本人も苦手だと分かっているので、テストの点数が悪くても何も言わず、なるべくできたとこだけを見て褒めるようにしています。

もちろん、分かっているから全てうまくいくわけではないんですけど…。

学校生活を楽しく送ろう

新学期は誰でも不安になるものです。ママが一人で頑張るのではなく、先生や家族、子ども本人にも協力してもらい、楽しい学校生活になるように工夫していけると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です