【必見】在宅ワークと子育ての両立は可能?検討中のママへ

新型コロナウイルスの発生により、卒業シーズンを前に一斉休校が問題になりましたね。今も尚、その影響は全国の働くママ達にも広がっています。

そんな中、コロナウイルスの感染防止のひとつとして注目を浴びたのがテレワーク。テレワークとは、簡単に言うとインターネットを活用し、オフィス以外で働く働き方』です。

『子育てしながら在宅ワーク?それってステキ!』

と思った皆さん。
今回は実際にテレワークと子育てを両立している私が、その実態についてお話しましょう・・・。

生後9ヶ月くらいまでは◎

私の場合、新生児〜寝返り・ズリバイをする10ヶ月くらいまでは、比較的仕事がしやすかったです。というのも、この頃の赤ちゃんは「寝る→泣く→おっぱい飲む→寝る」のルーティーン。

うちの子は比較的お昼寝もしっかり寝る子だったので、1度のお昼寝は2〜3時間。1日で約5時間ほど仕事をすることができました。

事態は一変!1日のワーク時間は2時間に・・・

ところが、子どもに体力がついてきて遊ぶことを覚えた10ヶ月頃から、一気に状況が変化しました。

離乳食が始まると、お昼の時間が大幅にアップ!更に好奇心旺盛な娘は、あらゆる物を手当たり次第に舐めてみたり、猫のトイレに興味津々。一瞬たりとも目が離せません…。

この頃になると、1回のお昼寝時間は1〜2時間程度。1日の平均ワーク時間は、2〜3時間程度になってしまいまいした。

最終兵器〇〇の登場!!

1歳を過ぎひとり歩きをするようになると、私の膝によじ登ることを覚えます。そして、ついに私は禁断のアレを使うを決意。

その「アレ」とは…

iPad!!!!!!

スマホ育児(タブレット育児)は賛否両論あり、私もすごく悩みました。
しかし、背に腹は変えられず…。

そこで私が編み出したスタイルがコチラ。

  1. パソコンの隣にiPadを置く
  2. 片膝に子どもを座らせる
  3. 子どもを後ろから監視しながらパソコン作業をする

これなら、子どもとスキンシップもとれるし、iPadの内容もチェックできるので良しとすることにしました。

しかし!子どもの集中力は長く続きません…。

時折振り返ってはおっぱいを飲んでみたり(もはや私はドリンクバー状態!)、時には一緒にiPadで遊んだりと、自分の仕事に集中することは出来ませんでした。ただし、お昼寝時間とトータルすれば、1日のワーク時間は4〜5時間ほど確保できました。

テレワークと子育ての両立できるの?結論

子育てと在宅ワークの両立は想像よりも大変です。特に中断しづらい内容や、集中力が必要なお仕事はオススメできません。

しかし、「子育てと仕事の両立が大変だった」という思い出の中と、子どもの成長が間近で感じられた経験はかけがえのない宝物です。在宅ワークという働き方を選択して良かったな、と実感しています。

在宅ワークをはじめたい方へ

NPO法人Halekula(ハレクラ)では、ライターさんを募集しています。条件はたった2つ。

  1. 文章を書くことが好き
  2. パソコンとインターネット環境がある

編集長による添削やアドバイスがあるので、未経験者でも気軽にチャレンジできます。気になる方は、NPO法人ハレクラにお問合せください。

問い合わせ先:info@halekula.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です