休校中何している?小4・年中の遊び方【100均おもちゃ】

新型コロナウィルスの影響で、小学校は休校、保育園も自粛となり、我が家では小4の息子と年中の娘が家にいるようになりました。遊びに行く場所もなく、家の中でほとんどの時間を過ごすため、いつも何をしようか迷ってしまいます。

先日は、100円ショップのおもちゃを使って、お店屋さんごっこや懐かしい遊びをしてみました。アナログの遊びが子どもには新鮮なようで、意外と夢中になって遊んでいました。

100円ショップのおもちゃでお店屋さんごっこ

買い物のついでに、100円ショップでおもちゃを色々買ってみました。少しでも楽しく、そして長く遊べるものはないかと探したところ、昔なつかしいアナログのおもちゃを見つけました。

普通に渡すだけでは面白くないので、子どもが好きなお店屋さんごっこ風にしてみることに。私がお店屋さんとなって、買ってきたおもちゃに値段をつけ「おもちゃいりませんかー?」と売り込んでみました。

息子は小4なので、もうお店屋さんなんて楽しくないかなと思ったのですが、予想以上に楽しそう。自分でお金を作って、おもちゃを買いにきてくれましたよ。

お店屋さんは、簡単な計算やお金のやりとりが学べて、勉強にもなると思います。年中の娘はまだ値段が分かっていませんでしたが「50円ふたつで100円です」など教えてみました。

アナログ・レトロなおもちゃは意外に楽しい

100円ショップで買ってきたおもちゃですが、子どもはとても楽しそうに遊んでいました。我が家で評判だったおもちゃを紹介します。

プラバルーン

ストローで膨らませる、割れない風船のようなプラバルーン。息を吹くのに少しコツがいるため、娘はうまくできないこともありましたが、できあがったバルーンを触って楽しそうに遊んでいました。

懐かしいですよね…。私も子どもの時に遊んだ記憶があります。赤ちゃんは誤飲の可能性もありますので、少し大きくなってから遊ぶのがおすすめです。息子は、自分で上手に作っていました。

紙風船と吹き戻し

セットになって売っていた紙風船と吹き戻し。レトロな雰囲気です。紙風船はすぐにつぶれてしまうのですが、ゆっくりと落ちてくるので室内で小さい子が遊ぶのにぴったり。

吹き戻しは娘がとても気に入って、ずっと吹いていました。紙でできているので耐久性はありませんが、お腹から空気を出すので体幹トレーニングにも良いとか。大人のエクササイズにも役立ちます。

工夫しながら楽しんで自粛期間を過ごしましょう

自粛期間は友達と会えず、遊びに行けるところも限られてしまい子どもにとっても辛いと思います。毎日どうやって過ごそうか、悩んでしまいますが、工夫して親子でおうち時間を楽しめると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です