料理のワクワク度UP?! 絵本クッキングのオススメ

5月末まで延長された非常事態宣言。せっかくだから、子どもとの時間も楽しみたいけれど、「もうネタも底を尽いた」「特別なことをするのは疲れる」…。そんなご家庭も多いのではないでしょうか?

そこで今回は絵本の力を借りて楽しむ絵本クッキングをご紹介します。

読んで、作って、食べて…3度楽しめる絵本の世界

絵本に描かれた料理を実際に作って食べる絵本クッキング。絵本には食べ物が登場する作品がたくさんあります。お子さんの好きな絵本に、食べ物が登場するものがあれば検索してみましょう!

絵本にまつわる料理レシピがたくさん紹介されています。我が家ではこの休校中、『11ぴきのねことあほうどり』(馬場のぼる/作 こぐま社)に出てくるコロッケを作りました。

また最近では、福音館書店が『ぐりとぐら』(中川李枝子/作 大村百合子/絵)のカステラレシピを公開しています。https://www.fukuinkan.co.jp/ninkimono/cake.html(「ぐりとぐら」のカステラをつくろう!)

絵本は読むだけではありません。絵本から学びへ、絵本から体験へと親子で楽しみながら繋げていくことができます。おしゃべりしながら、一緒に手を動かせば、料理はワクワクする時間になるでしょう。

空想と実生活の両方で体験すると…

子どもにとって、おうちの方に絵本を読んでもらう時間は心満たされるひとときです。そこに時折、絵本に関連付けた活動を取り入れて、空想と実生活の両方に体験の世界を持つことで、子どもの感覚は一層豊かに広がってゆきます。

絵本は視覚で認識できるため、子どもの興味や関心が向きやすくなります。また、実際に取り組むことで、「絵本に出てくる〇〇もこんな気持ちなのかなあ?」などと想像力が育まれます。一部分でも責任を持ってやり遂げることで子どもは自信が持てるようになるので、結果として親子の自立に繋がります。

クッキングに留まらない体験する楽しみ

外出もままならない日常ですが、絵本があれば、お家の中で世界中を旅することもできます。そして、絵本を通して子どもの興味・関心・意欲を引き出すこともできます。

今回、料理をご紹介しましたが、絵本は物語をはじめ、料理、自然、動物、科学など扱われるテーマは多岐に渡ります。お子さんが今、興味を持っていることは何ですか?子どもの興味に合う絵本を選んで、親子で一緒に遊んでみましょう。きっとママにとっても気づきのある良い時間となるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です