アルコール除菌に代わる「除菌水」ってなに?

新型コロナの影響で、いまだ除菌用アルコールは品薄状態が続いていますね。
そんな中、アルコール除菌の代用品として見かけたのが「除菌水」と呼ばれるもの。

この「除菌水」とは一体、何モノなのでしょうか?

除菌水はなぜ安全?

調べてみると、色んな名前の「除菌水」が出回っているようですが、大きく分けると2種類ある事がわかりました。

それが、次亜塩素酸水アルカリ電解水。そして、どちらも必ずと言っていいほど「安全」「口に入れても大丈夫」と書いてありますが、果たして本当なのでしょうか?

除菌水の原料とは?

この2つ、一見全く異なるようですが、実はどちらも原料はほぼ同じなんです。その原料とは。これらを電気分解して出来上がったものが次亜塩素酸水あるいはアルカリ電解水となるようです。

つまり、もともとは人体に影響がないものから作られているため、安全性が高いと言われる由来でした。

次亜塩素酸水とアルカリ電解水の違いは?

同じ原料からできていて、どちらも安全性が高いとなると、2つの違いは何なのでしょう。調べてみると、意外な事実が発覚しました!

次亜塩素酸水(電解水)

こちらは厚生労働省が安全性を認めたものとして、使用基準と成分規定が定められているます。

良く似た名前で次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイター・漂白剤など)と言う物がありますが、これは全く別物です。

キッチンハイターなどがアルカリ性に対し、次亜塩素酸水は酸性となります。しかし、どうやら殺菌効果はあまり変わらないようです。さらに、次亜塩素酸水は食品添加物として認められているため、食材を直接殺菌する用途としても使われています。

つまり、ただの水道水で洗うより次亜塩素酸水で食材を洗ったほうが、食中毒などのリスク回避になるということですね!!

次の動画では、次亜塩素酸水について解りやすく説明されています。さらに詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

アルカリ電解水

次亜塩素酸水が酸性なのに対し、こちらは名前の通りアルカリ性でできています。アルカリ電解水の特徴は「酸性の汚れを落とす」ということ。

…と言われても、イマイチよく解りませんよね(^^;

例えば、キッチン周りの油汚れなどは酸性です。また、手垢や皮脂汚れにも有効なので、小さいお子さんがいるご家庭や、保育施設などの玩具のお手入れにも適しているのではないでしょうか。

アルカリ電解水はお掃除アイテムとして有名ですが、実は「菌の繁殖を防ぐ(菌が増殖できない)」という特徴も兼ね備えているようです。これは新型コロナウイルスの感染予防として、とっても役立ちそうですね!

次の動画で、アルカリ電解水について解りやすく説明されています。さらに詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

「水なのに除菌ができるの?」と半信半疑でしたが、調べてみると想像以上に優れ物でした!私も早速取り入れてみようと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です