【ラン活】経験からご紹介!ランドセル選びのポイント

「ラン活」って言葉、聞いたことありますか?私はつい最近知りました。小学校入学に向けてランドセル選びをすることを「ランドセル活動」=「ラン活」と呼ぶそうです。

我が家の息子は4年生。ランドセルを買う時には特にこだわりもなく、何となく選んでいました。しかし、最近ではランドセルの種類はとても多く、値段の幅もすごく大きいんですね。驚きました。

そこで、実際にランドセルを3年以上使っている息子と、親の私から見てランドセル選びで重視したいポイントをご紹介していきます。ラン活のヒントになれば幸いです。

ラン活ポイント①軽さはかなり重要

小学校に通い始めてまず驚いたのが、荷物の多さです。まだ体の小さい1年生でもランドセルの中は教科書やノートでパンパン。さらに体育着や給食着、上履きや体育館シューズ、絵の具や習字道具…とにかく荷物が多い!

小さい体でこんなに重いランドセルを毎日持っていくのか?!と可哀想になるほどです。6年生にもなれば、それほど負担に感じないかもしれませんが、低学年は大変です。

小学生に肩こりが多いと言われているのも納得です。ですので、ランドセルはなるべく軽いものを!これはかなり重要です。

荷物の多さは変わりませんが、軽いランドセルで少しでも子どもの負担を少なくしてあげたいですよね。

ラン活ポイント②色は好きなもので良い

昔は赤と黒だけだったランドセルですが、今はとてもカラフルです。ピンクや水色、緑、茶色…迷ってしまいますよね。ランドセルの色選びですが

  • 大きくなって好みが変わるかも
  • 派手な色だと目立って目をつけられるかも

など、ちょっと親としては不安なことがあります。我が家の場合、親も子どももこだわりが無かったので安くて在庫がある黒にしました。

実際に入学すると、男子は黒・青・緑が多く、女子は水色・明るい赤・紫などが多い印象で、茶色は男女ともに人気のようでした。

色を選ぶのは迷うところですが、これはお子さんの好みで良いのかなーと思います。好きな色が変わる可能性は誰にでもありますし、色々なランドセルがあるので色で目立つこともありません。

あまりに派手だと眩しくて大変そうですが、一般的に販売されている色なら問題なさそうです。お子さんの意見を尊重しつつ、ママやパパと一緒に選んでみてくださいね。

ラン活ポイント③値段と質は比例しない?

ランドセルの価格を見ると、びっくりしますよね。高いランドセルは10万円以上しますし、安いものでは1万円ほどで買えます。幅が大きすぎて戸惑います。

6年間も使うんだから、値段が高い良い物を買うべき?!

我が家もそんな風に思っていました。しかし、実際に買ったのは2万円以下のリーズナブルなもの。4年目になりましたが、まったく問題ありません!投げられたり、妹に踏み台として使われたり、けっこう雑な扱いを受けていますが、頑張ってくれています。

もちろん、高いランドセルは素材が高級だったり、装飾が豪華だったり、使いやすい工夫がされていたりと、メリットはたくさんあります。しかし、安い=悪いと決めつけて無理に高額なランドセルを買う必要はないと思います。

6年間使っていれば、普通のカバンでも傷がついたりしますよね。なかには、買い替えるのを前提で安いランドセルを買うというママもいます。確かに、2万円のランドセルを3回買っても6万円です…。

値段については様々な考え方がありますが、高ければ良い!ということでもなさそうです。

まとめ:ラン活のポイントは「軽さ」!

最近ではゴールデンウイークがラン活のピークとも言われています。早すぎませんか?!考えが古いせいか、私にとってラン活は驚くことばかりです。ちなみに我が家では秋頃に買いましたが、在庫はたっぷりありましたよ。

やはり何と言っても、私が重要だと思うのは「軽さ」です!実際に手に取って色々比べてみると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です