群馬で夏の星座を楽しもう!【天文台とプラネタリウム】

昼間は暑い夏の夜。夜空にはキラキラ輝く満天の星空が待っています。でも空を見上げてもなかなか見えない…なんて時ありますよね。そこで群馬の星空をもっと近くで・もっときれいに見せてくれる施設をご紹介します。

家族と。恋人と。友人と。時にはひとりでも、星空を見ながらゆっくりと時を過ごしてみてください★

夏の星座~いて・さそり・わし~

夏の代表的な星座である「射手座」「さそり座」「わし座」。それぞれどんな星で広い空のどこにあるのかご存じですか?それぞれの星座の紹介も含めて、少しご紹介します。

夜空の番人~射手座~

いて座の目印は、さそり座の東にある、六つの星が柄杓(ひしゃく)のように並んでいる北斗七星に似た形の場所です。南の空にあり星の数が6つなので、「南斗六星」ともよばれています。

https://www.civillink.net/esozai/seiza.htmlから引用

「いて」というのは「射手」、つまり弓を放つ人のことです。 星座絵で見ると半人半馬のおじさんが姿を現します。このおじさんこそが民族ケンタウルス族の一人、 武術も学問も逸脱しているケイローンです。

ケイローンは、星座になってからもしっかりその才能を発揮してくれています。猛毒がある恐いサソリ。 いて座のおとなりにあるのはこのさそり座です。 サソリが空の世界で暴れださないように、いて座はいつも弓を構えて、さそり座を見張ってくれています。

オリオン探検隊~さそり座~

「さそり座」の目印は、天の川を南に下っていった先、赤い色をした1等星アンタレスです

https://www.civillink.net/esozai/seiza.htmlから引用

このアンタレスを心臓部に持つサソリは、ギリシャで狩りの名人と称され、調子に乗っていたオリオンを毒針で刺し殺してしまいました。オリオンのことが気に入らなかったゼウスのヘラは意地悪をして、オリオンが天に行き星座になる時にオリオンを刺したサソリも一緒に星座にしてしまったのです。

サソリのことが恐いオリオン座が西に沈むのを見かけたら、ぜひ東の空を見てみてください。オリオン座を追いかけているかのようにさそり座が姿を現しますよ。

自己中だけど頑張り屋~わし座~

わし座の目印は白い1等星アルタイル。南の空のちょうど見やすい位置に見られる場所に見えます。

https://www.civillink.net/esozai/seiza.htmlから引用

アルタイルを持つわし座は、美少年ガニメドに目をつけた大神ゼウスが、大鷲に姿を変え神の国へ連れ去り自分のものにした姿といわれています。

このわし座の象徴になるアルタイルですが、日本では「彦星」と呼ばれています。そう。織姫と年に一度しか逢えない彦星くんです。お互いが逢えるその日まで自分をキラキラ輝かせて待っているなんてロマンチックですよね。

群馬で星座を見るならここ!県立ぐんま天文台

http://www.astron.pref.gunma.jp/instruments/outdoor.htmlから引用

渋川伊香保ICより車で25分の場所に位置する県立ぐんま天文台。星を見に訪れる人が日本一多い天文台で知られるこちらでは様々な望遠鏡を使って気軽に星座を楽しむことができます。

駐車場と天文台本館は長さ600mの遊歩道で結ばれているので自然を散策しながらゆっくりと星空までお散歩できることも魅力的です。ベビーカーと車椅子の貸し出しもできるのでお子様連れや足の不自由な方でも安心して利用できますよ。

天体観測開館時間 

  • 19:00~22:00(3月~10月) 
  • 18:00~21:00(11月~2月)

利用料 

  • 中学生以下:無料 
  • 高校・大学生:200円 
  • 大人:300円

望遠鏡の種類

http://www.astron.pref.gunma.jp/instruments/outdoor.htmlから引用

館内にはいくつかの望遠鏡が設置してあり、星座を色々な角度から観察することができます。

中でも一番のおすすめは150cm望遠鏡

http://www.astron.pref.gunma.jp/instruments/outdoor.htmlから引用

目で直接覗くことができる世界最大クラスの望遠鏡。こちらは、東日本では県立ぐんま天文台にしかありません!主鏡の直径が150㎝もあり、凹面鏡と凸面鏡を組合せて光を集める反射式望遠鏡です。

この他にも、視野がとても広い「65cm反射望遠鏡」や太陽に向けた望遠鏡が光を集め展示室に映し出す「太陽望遠鏡」、県立ぐんま天文台で開発されたベッドに横たわったままでも無理のない姿勢で天体観察ができる「ユニバーサル天体望遠鏡」なども楽しむことができます。

http://www.astron.pref.gunma.jp/instruments/outdoor.htmlから引用

施設内では18世紀インドの天体観測施設や英国の古代遺跡をモチーフにしたモジュールがあり、実際に太陽・月・星の動きを観察できます。天文学の歴史も感じられる場所ですね。

また、観測広場・望遠鏡設置スペースもあり、事前予約をすれば望遠鏡を持参して星座観察をすることもできるそうですよ!

群馬県内にあるおすすめプラネタリウム

天文台で天体観測できるのはお天気のいい夜。時間的に難しくてしばらく夜空を見ていないなぁ…なんて時は昼間でも星が見られる場所があります。

それは、プラネタリウム!群馬のおすすめプラネタリウムで、昼間に夜空を楽しむのはいかがでしょうか。

群馬県生涯学習センター少年科学館

前橋IC出口から東方向へ15分・前橋駅南口より徒歩20分の場所に位置する群馬県生涯学習センター少年科学館

こちらの2階にありますプラネタリウムホールでは、直径18mのドーム型スクリーン全体に3台のプロジェクターを使って、迫力のある映像を楽しむことができます。

開館時間 

  • 9:30~17:00

プラネタリウム観覧料 

  • 中学生以下:無料 
  • 一般:300円

他にも一階の科学展示室では科学展示室や科学工作を体験できる実験コーナーがあり、科学の面白さを体験しながら学ぶことができますよ!

前橋市児童文化センター

https://www.city.maebashi.gunma.jp/soshiki/kyoiku/jidobunkasenta/index.htmlから引用

上毛電気鉄道城東駅から徒歩5分・関越自動車道前橋ICから車で約15分の場所に位置する前橋市児童文化センター

ここでは、光学式とデジタル式を組み合わせたハイブリッドタイプという県内最新のプラネタリウムで星空を楽しめます。

開館時間 

  • 9:00~16:30

プラネタリウム観覧料 

  • 未就学児:無料  
  • 小中学生:100円 
  • 高校生以上:300円

平日は「星座のお話」、土・日・祝日と学校の長期休みには「星座のお話」と「天文学シリーズ」が投影され、当日の星空や話題の天文現象などを職員の方の生解説付きでゆっくりと楽しむことができます。

高崎市少年科学館

http://www.t-kagakukan.or.jp/から引用

北高崎駅から徒歩約25分・関越自動車道高崎ICから高崎方面へ約4.5kmの場所に位置する高崎市少年科学館

光学式直径21mの水平式ドームで真上にみえる星空が体験できます。ファミリーで楽しめる「子ども向け」と「一般」の2つの番組を放映していて、こだわりのストーリーや迫力の映像と音響で星と宇宙の魅力を教えてくれます。

開館時間 

  • 9:00~17:00

プラネタリウム観覧料 

  • 未就学児・小・中学生:無料 
  • 一般:310円

館内には「風力発電のしくみ」や「宇宙飛行士モニュメント」などなど盛りだくさんな展示物がたくさんあるので、放映時間までの待ち時間も飽きることなく楽しむことができますよ!

世界最大クラスのレンズで覗いた世界には星の近くまで飛んだような気分を味わえます。プラネタリウムでは室内でゆっくりと座り、満天の星空を独り占めしている感覚を体験できます。

肉眼で見る星空ももちろんきれいですが、この夏は、群馬ならではのもっともっときれいな天体観測が楽しめる施設にも、ぜひ足を運んでみてくださいね★