「エルサゲート」を知っていますか?子どもが一人でYouTubeを見る時に気をつけたいポイント

ちょっと家事をしたい時、用があるのに子どもがグズってしまう時、子どもの相手ができない時…色々な場面でママを助けてくれるのが、YouTubeです。あまり見せたくないけど、つい頼ってしまいますよね。

うちでも、小学生の息子はYouTubeが大好き。ゲームの実況、おもしろ動画など、止めなければずーっと見てしまいます。3歳の娘も、最近はYouTubeの楽しさに気付いてきて、親としては複雑な気持ちです。

子どもに動画を見せる時に気を付けたいのが、悪質な内容や大人向けのもの。親が気付かないうちに、子どもが有害な動画を目にしてしまうことも考えられます。子どもにとって不適切な動画のことを「エルサゲート」と呼ぶそうですが、聞いたことがありますか?

今回は、子供に動画を見せる時に注意したいエルサゲートについて、ご紹介していきます。子どもを守るために、親としてぜひ知っておきましょう。

一見、子ども向けの可愛い動画だけど…

「エルサゲート」とは、人気のキャラクターなどを登場させ、子供向けの動画だと思わせておきながら、実は不適切な内容を含む動画のこと。テレビアニメや子供向け映画の有名な登場人物が出ているので、子供は興味を持って動画を見たくなります。しかし、実際に見てみると、内容は有害なものとなっています。

  • 暴力的なシーン
  • 下品なシーン
  • 子供が見たら怖がるような映像

などが多く、子供には見せたくないものばかり。もちろん、大人が見ても不快に感じる内容です。親が注意できれば良いのですが、子供が一人で見ていたら、動画の内容までは分かりませんよね。

YouTubeでは、「おすすめ」として関連のある動画が、どんどん表示されるようになっています。同じキャラクターが表示されていれば、子どもは有害なエルサゲートだとしても、分からず再生してしまいますよね。

エルサゲートは規制されないの?

YouTubeは、不適切な動画は運営側で削除されるルールとなっています。しかし、毎日大量にアップされる動画を全てチェックするのは不可能です。

明らかに違反だと分かれば良いのですが、エルサゲートは見逃される可能性が高くなっています。

  • 子ども向けキャラクターで作られている
  • 一見すると有害だとは分からない
  • 子どもが好きそうなキーワードを利用している

規制から逃れるために、巧妙に作られているんですね。再生数を増やして、広告収入を得るのが目的だと思われますが、ここまでする人がいるのかと思うと、本当にイヤな気分になります…。

エルサゲートから子どもを守るためには?

エルサゲートから子どもを守る一番の方法は、動画を見せないこと。しかし、これは現実的ではありませんね。子どもの相手をずーっとしているわけにはいきませんし、YouTubeは子どもにとって、楽しみのひとつでもあります。

一人でYouTubeを見せることは仕方がないとして、その中でエルサゲートを見せないための対策をしていきましょう。

なるべく親の近くで見せる

小さい子に動画を見せる時には、なるべく親がそばにいるようにしましょう。隣で別のことをしていても、すぐに子どもの様子が分かるようにしておくと、安心です。

どんな動画を見ているのか、親が把握できるくらいの距離で、ついていられると良いですね。時々「何を見てるの?」と声を掛けて、内容を確かめたりしてみましょう。

アプリの設定は親がする

YouTubeアプリは、なるべく有害な動画を見せないように、親が最初に設定を変えておきましょう。

自動再生はOFFにする

通常、YouTubeでは見ている動画が終わると、関連のあるものが自動で再生されるようになっています。この自動再生は、OFFにしておくのがおすすめ。子どもが自分で選んでいなくても、エルサゲートを見てしまう可能性があります。

制限付きモードにする

YouTubeのトップページから「制限付きモード」をオンにしておくと、不適切な動画が表示されないようにできます。全ての有害な動画が出ないわけではありませんが、フィルタリングされるので、エルサゲートが再生されにくくなります。

制限付きモードは、パソコン、スマホ、タブレットと、使う端末ごとに設定してくださいね。

YouTubeKidsを利用する

子どもにYouTubeを見せる時にオススメなのが「YouTube Kids」というアプリ。無料のアプリですが、子ども向けに色々な設定ができます。

  • 子どもの年齢に合わせてフィルターをかけられる
  • 動画を見る時間を制限できる
  • 検索機能をオフにできる
  • 特定の動画をブロックできる

小さい子どもが見やすいように、大きなアイコンで表示されるので操作も簡単になります。また、設定にはパスワードが必要になるので、子どもが一人で解除することもできません。

子ども✕YouTubeのリスクを頭に入れておこう

子どもが大好きなYouTube。忙しいママにとっても、強い味方です。しかし、エルサゲートなどの危険な動画があるのも事実。改めて、子どもにYouTubeを見せる時のリスクを確認しておきましょう。

小さいうちは、親が気を付ける。大きくなったら親子で話をして、リスクがあることを教える。楽しい面だけでなく、デメリットも伝えられると良いですね。

アニメやおもちゃが怖くなってしまう

好きなキャラクターの楽しいアニメだと思って見たら、実は怖いエルサゲートだった…。子どもは大きなショックを受けることになります。今まで楽しんでいたアニメや、動画に出てきたオモチャが怖く感じてしまったり、そのキャラクターを見ると不快な動画を思い出してしまったり。

アニメやおもちゃが、トラウマになってしまう可能性もあります。一度怖いと思ってしまうと、なかなかイメージを変えることはできませんよね。うちの息子も、怖い動画を見てしまい「怖くて眠れないー」と泣き出したことがありました。子どもはとても敏感です。親が気を付けてあげたいですね。

インターネットが嫌いになってしまうかも

インターネットはとても便利で、私たちの生活に欠かせないものです。これから、ますますその傾向は強くなっていくと思います。特に子ども達は、プログラミング教育が始まるなど、私たち以上にパソコンやネットと深く関わることになります。

小さいうちにエルサゲートなどを見て、インターネット自体が嫌いになってしまうと、これからの学習にも影響が出てくるかもしれません。ネットで調べものをしたいのに、怖い映像を忘れられずに、使うことができない…なんてことも。

インターネットは怖い部分も確かにありますが、上手に使えばとても便利なものです。

  • 勉強の手助けになる
  • 好きなことを見つけられる
  • 自分の世界を広げることができる
  • 色々な人と交流できる

たくさんの可能性を、ネットへのトラウマで消してしまうのは、本当にもったいないことです!

また、インターネットの便利な使い方やマナー、ルールなども子どもの頃から身に付けておくと、今後も安心だと思います。YouTube・ネット=悪いものとならないように、親子で楽しく活用できるといいですね。

健康への影響

YouTubeを見てると、次から次に見たいものがあって、なかなか止められません。子どもは大人以上に、楽しいことが大好き。親が注意しないと、ずーっと見続けてしまいます。

長時間の視聴は、子どもの健康にも影響があります。

  • 夜遅くまで見てしまい、睡眠不足になる
  • 寝不足で授業に集中できない
  • 視力の低下
  • 勉強する時間がなくなる→学力低下

など、成長過程の子どもだからこそ、リスクも深刻。ここは、親がしっかりと気を付けてあげたいところ。親子で話し合い、YouTubeのルールを決めておきましょう。

個人情報の流失やネットトラブルなども

最近では「将来の夢はユーチューバー!」なんてこともよく聞きます。我が息子も一時期言っていました…。動画を見ていると、「楽しくゲームをしているだけでお金を稼げるステキな職業」と思ってしまいますが、そんなに簡単ではないはず。

YouTubeの中には、子どもでも動画をアップしていたり、親が子どもを撮影していたりするものもあります。しかし、インターネットは楽しいだけではありません。

  • 個人情報の流失
  • 炎上するかも
  • 攻撃的な人にターゲットにされるかも

などの危険がいつでも隣り合わせ。

ネットの世界では、毎日のようにトラブルが起こります。子どもがYouTubeやネットに興味を示したら、「危険なこともいっぱいあるんだよ」と伝えましょう。

リスクを避けて楽しくYouTubeを活用しよう

YouTubeには、子どもも大人も夢中にさせる魅力があります。楽しくて、ためになる動画が無料で見られるのは、とても良いことです。子どもの知識を深めるにも、便利なツールだと思います。

しかし、気軽に見られるからこそ、注意したい危険なリスクもいっぱいです。特に小さな子どもは、まだ良い・悪いの判断ができません。楽しいアニメだと思ったら、有害なエルサゲートだった…ということも。

トラウマやトラブルを避けるためにも、親が注意してリスクを回避することが大切です。子どもが安心して楽しめるように、もう一度YouTubeについて、家族で考えてみましょう。