【2019夏】群馬の花火大会一覧+観覧に役立つアイテム集

夏と言えば花火大会ですね!毎年、楽しみにしている人も多いと思います。子どもも花火は大好き。家族みんなで、素敵な夏の思い出を作りましょう。

そこで、今回はぜひチェックしておきたい、2019年8月から開催される群馬県内の花火大会をご紹介していきます。夏のお出かけ計画に役立ててもらえると、嬉しいです。子どもと一緒に楽しむために欠かせない、便利で役立つアイテムも合わせてお伝えしますので、参考にして頂ければと思います。

2019年8月〜開催!群馬の花火大会一覧

2019年8月から開催予定の群馬の花火大会を、開催日順にご紹介しますね。

赤城山夏まつり

場所前橋市 赤城大沼湖畔
日時8月3日(土)19:20~

当日おこなわれる赤城夏祭りのフィナーレを飾る花火です。約800発の花火が湖畔に映し出される姿は、幻想的な雰囲気。湖には、願いが書かれた灯籠も浮かべられます。

高崎まつり花火大会

場所高崎市 烏川和田橋上流河川敷
日時8月3日(土)19:30~

約1万5000発の花火が次々と打ち上げられる、人気の花火大会。毎年多くの人が会場に訪れます。3日(土)と4日(日)に開催される、高崎まつりも合わせて楽しめます。50分間に次々と花火が打ち上げられるスピード感に、大人も子どももドキドキが止まりません!

明和まつり

場所邑楽郡明和町 ふるさとの広場
日時8月4日(日)20:30~

約5000発の花火がお祭りを盛り上げます。会場となるふるさとの広場では、子ども神輿、民謡八木節、はしご乗り、和太鼓など、色々なイベントが開催されるので、家族で楽しめます。

前橋花火大会

場所前橋市 利根川河畔大渡橋南北河川緑地
日時8月10日(土)19:00~

群馬を代表する花火大会のひとつ。超特大のスターマインや、音楽に合わせての打ち上げなど、約1万5000発の迫力満点の花火が見られます。思わず見とれてしまう空中ナイアガラは、前橋が発祥なんだとか。人気の花火大会なので、早めに場所を確保しましょう!

新田まつり

場所太田市 新田陸上競技場
日時8月10日(土)20:00~

新田まつりのフィナーレを飾る花火大会。約8000発の花火が打ち上げられ、夜空を飾ります。会場では、夕方から太鼓の演奏やおみこし、山車、郷土芸能などがおこなわれ、お祭りムードが盛り上がります。

音と光の花火大会

場所前橋市 ぐんまフラワーパーク園内
日時8月15日(木)19:30~

前橋市にある、ぐんまフラワーパークでおこなわれる花火大会。約3000発の花火が打ち上げられます。大きな尺玉などはありませんが、間近で見られるので迫力満点。普段は見られない夜の温室も、素敵な雰囲気でおすすめ。花火と合わせて楽しめます。

くろほね夏まつり

場所桐生市 黒保根運動公園
日時8月16日(金)21:25~

2日間開催される夏祭りの中でおこなわれる花火大会。祭りの会場となる、黒保根運動公園近くの河川敷で、約2000発が打ち上げられます。見どころは、幅50mのナイアガラ。花火の音が心臓まで響くような迫力があります。ほかにも、お祭りではマスのつかみどりなどもあり、お子さんにおすすめ。

老神温泉納涼花火大会

場所沼田市 老神多目的広場付近河川敷
日時8月18日(日)20:00~

沼田市利根町で、約3000発の花火が打ち上げられます。大きな尺玉やスターマイン、ナイアガラなどを見ることができます。当日は「とねふるさと風のまつり」も開催されるので、温泉と合わせてゆっくり楽しみたいですね。

千代田の祭り 川せがき

場所邑楽郡千代田町 赤岩地先利根川河畔
日時8月18日(日)19:00~

140年以上の歴史を持つ伝統あるお祭り「千代田の祭り 川せがき」。僧侶による読経、灯籠流し、など様々な催しも、花火と合わせて開催されます。約5000発の花火では、利根川に映し出されるスターマインが見どころ。お祭りのフィナーレを盛り上げます。

岩鼻子育観世音再興93周年大祭り奉納煙火

場所高崎市 柳瀬橋下流
日時8月20日(火)19:20~

高崎市岩鼻町で開催される伝統行事「 岩鼻町子育観世音大祭 」。子どもの健やかな成長を祈るお祭りで、フィナーレとして、約3500発の花火が打ち上げられます。地元で人気の花火大会で、屋台も出店されます

沼田花火大会

場所沼田市 沼田市運動公園
日時9月14日(土)19:00~

最先端の音楽花火が見られる、沼田花火大会。打ち上げをおこなう「(株)丸玉屋」は、コンピュータプログラムで花火と音楽を合わせたショーを開催し、世界の花火競技会でも受賞するほど有名なんです。目の前に広がる大迫力の花火ショーをぜひ堪能してください。約1万1000発が打ち上げられます。

いせさき花火大会

場所伊勢崎市 ラブリバー親水公園うぬき
日時9月21日(土)18:30~

群馬県の花火大会の締めくくりとも言える、いせさき花火大会。約1万発の大きな花火と音楽のコラボレーションが、秋の夜空を彩ります。打ち上げ会場近くの西部公園、スポーツ広場、オートレース場からも見学可能です。

子どもと花火大会に行く際に役立つアイテム

楽しい花火大会ですが、子どもと一緒に行く時には、色々な準備が必要になります。長時間の屋外なので、小さい子は疲れてしまったり、飽きてグズグズ言ったりすることも。

そこで、持っていると便利なお役立ちアイテムを紹介します!

レジャーシート・折りたたみ椅子・座布団

座って花火を見るための必須アイテム。レジャーシートは、子育て家庭に欠かせないアイテムのひとつですよね。公園などでも役立ちます。100均でもレジャーシートは手に入りますが、おすすめはアウトドア用のもの。

ちょっとお値段は高くなりますが、クッション性があるので長時間座っていても、お尻が痛くなりにくい!小さい子をゴロンと寝かせておくこともできるので、ちょっと厚めのものが良いですね

折りたたみ椅子も、あるととても便利です。アウトドア用のしっかりした椅子もありますが、花火大会では持ち運ぶことを考えて、コンパクトなものがおすすめ。

ホームセンターなどにある、折りたたみ踏み台は、簡易用の椅子として使えて、コンパクトで軽いので、持ち運びに向いています。子どもはもちろん、大人でも座れますよ。

折りたたみの座布団もコンパクトで便利です。厚みがあり、レジャーシートよりも場所を取らないのがポイント。混雑している場所でも使いやすいです。

傘・カッパなどの雨具

雨が降りそうなら、雨具を忘れずに持っていきましょう。筆者も雨の中で花火を見たことがあるのですが、傘は非常に重宝しました。天気予報では降らないと言っていたのに…。急に天候が変わることもありますよね。

折りたたみ傘ならカバンに入るので、持ち運びに便利です。子どもはカッパの方が良いですね。コンパクトにたためるので、邪魔になりません。お出かけ前に、降水確率をしっかりチェックしておきましょう。

飲み物・おやつ

花火大会はけっこう長時間になります。水分補給は忘れずにおこないましょう。熱中症予防のためにも、ペットボトル飲料や水筒を持っていきたいですね。

子どものグズグズ対策に、おやつも必須。暗がりで見えにくいので、簡単に口に入れられるものだと、子どもも食べやすいです。小分けのクッキー、おせんべいなど。こぼれにくい、取り出しやすいものが良いと思います。気温が高くなるので、チョコや飴などは、溶けてしまう可能性も。常温保存OKのものを選びましょう。

食べる前に手を綺麗にするための、おしぼり・除菌ティッシュなども合わせて準備。こぼしてしまった時にも重宝します。

虫よけグッズ

夏の夜は虫対策も大切です。スプレータイプ・肌に塗るタイプなどがありますが、肌の弱い子や小さい子には、衣服に貼るタイプ・腕に付ける虫よけリングなどがおすすめ。

肌に優しいオーガニックのスプレーや、キャンドルタイプなどもあります。長袖・長ズボンを着るだけでも、虫刺されを防げますが、暑いと大変なので、虫よけグッズを上手に利用したいですね。

暑さ対策グッズ

夜でも気温は高いので、暑さ対策もおこないましょう。特に子どもは大人よりも暑がりで、汗もよくかきます。タオルやハンカチはちょっと多めに持っていきましょう。

ほかにも

  • 水に濡らすと冷えるタオル
  • うちわ
  • ウェットティッシュ

などがあると良いですね。

懐中電灯

暗がりであると便利な懐中電灯。スマホのライトや、小さいペンライトでも良いので、何か明かりがあると助かります。100均にも売っているLEDのライトは、小さくて明るいので、持ち歩くのに便利です。

ビニール袋

ビニール袋って、あると意外に便利なんですよね。ゴミを入れる、汚れたものを入れる、余った食べ物を入れる、子どものグッズを入れる…色々と使えるので、ぜひいくつか常備しておいてください。

着替え

子どもは汗をかいたり、飲み物をこぼしてしまったりするので、着替えも必要です。1セットあると、安心ですね。おむつを使っている子には、替えのおむつも忘れずに。

迷子や怪我の対策もしっかりと

子どもと一緒にお出かけする時に気を付けたいのが、迷子や怪我。普段の公園などとは違って、暗い・人が多いので、いつも以上に注意が必要です

はぐれてしまっても、暗いとすぐに見つけられません。子どもは楽しいと、ついはしゃいでしまうので、大人がしっかり見守りたいですね。

手を離さない・一人で歩かせない

歩く時は手をつないで、子どもが一人で歩かないようにしましょう。少しの間でも、混雑している場所では人の流れに押されて、はぐれてしまうこともあります。

手をつなぐのを嫌がる子には、迷子紐なども検討してみてください。子どもを紐でつなぐのに抵抗を感じる人もいると思いますが、迷子になってしまったら大変です。

迷子札を持たせる

もし迷子になってしまった時のために、子どもに迷子札を持たせると安心です。

  • 子どもの名前
  • 親の名前・電話番号

などをメモに書いておきます。

子どもには、「ママと離れちゃったら、これを見せてね」と言います。メモを失くしてしまう可能性もあるので、リストバンドの内側に書く、メモを折りたたんでネックストラップに入れる、など工夫します。

また念のため、「子ども連れのママに声をかけるんだよ」と伝えておきましょう。連絡先の電話番号は、いくつか書いておくとより安心です。

集合場所・目印を決めておく

ちょっと大きい子には、もしはぐれてしまった時のために、集合場所を決めておきましょう。「もし、離れちゃったら、ここに来てね」と約束します。目印になる大きな看板や建物など、分かりやすい場所が良いですね。

子どもにも分かる簡単な地図を持たせると、探しやすいと思います。離れないことが一番良いのですが、もしもの時のために事前に確認しておきましょう。

絆創膏も忘れずに

お子さんの怪我対策に絆創膏も持っていきましょう。靴擦れなどにも使えるので、カバンに入れておくと、いざという時助かります。

携帯はフル充電!

どんな時でも、無くてはならない携帯電話。迷子や怪我にも、携帯電話は必須です。お出かけの時に注意したいのが、電池切れ。必要な場面で使えない!なんて事態は絶対に避けたいです。出掛ける前にしっかりと充電して、電池切れにならないように気を付けましょう!

花火大会を家族で楽しもう

夏と言えば花火大会!大人も子どももワクワクする、夏の一大イベントです。子どもとのお出かけに便利なアイテムを活用して、快適に過ごしましょう。

また、暗くて人も多い花火大会は、迷子や怪我にも注意が必要です。思わぬ事故につながらないように、安全対策もしっかりおこなって、群馬の花火大会を楽しんでくださいね。