ママ必見!夏休みの宿題の終わらせ方

いよいよ夏休みが始まりました!子供たちにとってはウキウキかもしれませんが、ママたちにとっては何かと悩みが多い時期かもしれませんね…!特にこの時期に一番憂鬱になるワードは「宿題」という人も多いのでは?

私は中学生や高校生の塾を運営していたために、中高生たちが夏休みの宿題を持ってくるときの憂鬱そうな顔を毎年見ていました。そのたびに「ああ、今年もこの季節がやってきたなあ」なんて思い、夏の風物詩のように感じていました。(笑)

お母さんたちからすれば夏休みの宿題は死活問題ですよね。さて、そこで今回は元塾運営者が語る、夏休みの宿題の終わらせ方をご紹介していきたいと思います。

夏休みの宿題と一緒にスケジュールを組む

お母さんたちにまず取り組んでほしいのは、親子会議をすることです。夏休みが始まり、宿題も出そろった頃にリビングにすべての宿題をどんとおいて、まずどのような宿題があるのかを一緒に見ながら夏休みの予定を一緒にたてるようにしましょう。

もちろん中高生のお子さんで夏休みの予定を一人で立てられる人はそれでも大丈夫です。小学生~中学1年生は、自分ひとりでスケジュールを立てることは難しいので一緒にたててあげられるといいですね。

その時に、夏休みの予定も一緒にたてるようにします。「この時期に宿題がどのくらい終わっていれば、〇〇で遊ぶことができる」と最初から予定を立てておくのです。A4の紙でもカレンダーでも手帳でも大丈夫です。本人に予定を立てさせることが重要です。

そもそも夏休みに大量の宿題が出る理由は、文部科学省や学校からしっかりと明示されているわけではありません。どちらかというと慣習的に出している学校も多いでしょう。もちろん夏季休暇中に学力が下がらないために行うということもあります。また、私は時間の中で与えられたタスクをしっかりとこなす力をつけさせることができるのではないかと考えています。

でも、それはあくまで学校や保護者サイドの話。子供たちからすると、楽しい楽しい夏休みになぜ宿題をするのかが理解できないわけです。だからこそ、こちらが感情的にならずに、なぜ宿題をしたらいいのかを一緒に考えさせてあげる必要があります。

そこで重要になってくるのがスケジュール。「楽しみな予定を行うためにはここまで宿題が終わっている必要がある」その線引きを自分でさせるのです。ここでポイントはあくまでお母さんが予定を立てるのではなく本人にその宿題の割り振りを考えさせるということです。お母さんたちはその宿題の割り振りが無理のないものなのか、本当にしっかりと割り振りできているのかをチェックしてあげるだけで大丈夫です。

目安としては一週間単位で夏休みの楽しみな予定を立て、そこに合わせて宿題の割り振りをさせるといいです。子供達にはタイプがありますので、計画的にやれる子(容量がいい子です)、ぎりぎりになるまでやらない子(やる気になれば強いタイプです)は必然的に出てくるもの。それを一週間単位にしっかりと区切っておけば、宿題がたまっていても痛手を負わなくてすみますよ。

そして予定の日までに宿題が終わっていなければ、当然遊びには行けません。そこも感情的にならずに伝えることが重要です。あくまで自分が決めた予定を自分で遂行できなければ、その報酬も受けることができないと自分で学ぶことができるわけです。

このような習慣をつけてあげることができると、年を重ねるごとにだんだんと自分で「夏休みの宿題が出た」→「スケジュールを立てよう」→「自分で実行」という考えを持つことができるようになります。

家族で勉強の時間を取る

スケジュールが立って、実行するときには、可能な限り同じ空間で一緒に宿題に取り組むことをお勧めします。実は子供部屋で勉強するよりも、リビングで家事をしているお母さんと一緒に勉強をしている子供のほうが勉強に対する伸び率が高いという話があるくらい、お母さんのサポートは絶大なものがあるのです。

「やる気が出ない」と本人が言ってきたり、それを感じたりするときは助け舟を出してあげることが効果的です。宿題には2種類あって、

  1. 覚えたり、考えたりする必要のあるもの
  2. 作業として終わるもの

の二種類があります。①覚えたり考えたりする必要のあるものは例えばドリルや問題集、自由研究で、②作業として終わるものは、ノートに書き写す作業や、あまり考えなくてもできてしまう作業です。

やる気が出ないという宿題の内容が、どういったものなのかを判断して、それに応じた対応をしてあげられるとベストです。

覚えたり考えたりする宿題→ゲーム感覚+報酬制

例えば、ドリルなどの問題集はこの二つの組み合わせが効果を発揮します。例えば、「この1ページを7分でやってみて、回答率7割だったらアイスね!」のように時間を設けてあげて、さらにアイスという報酬を本人に提示してあげるのです。

また、それが達成できなかったとしたら達成できるような目標を立てて、何度かチャレンジしてあげると、本人はゲーム感覚になって取り組むことができます。

作業として終わるもの→一緒に時間を取る

作業として考えなくても、時間を取ればできるものであれば一緒にお出かけがてら、カフェで向かいあって、本人には宿題を、お母さんは読書や家計簿などをすることができるといいリフレッシュになります。

カフェにまではいけなかったとしても、一緒に向かいあって座りながら時間を区切って作業するだけでも随分と効率は上がりますよ。

「私メッセージ」で、本人に責任を持たせよう。

毎年塾の運営をしていると、「私の子供、家で全く宿題しないんですよ!」と私のもとにお母さんたちが悩み相談にきます。

そんな時私はだいたい、先ほどのスケジュールの話をした後、「基本は本人に任せたらいいですよ!」と一言で終わらせています。お母さんは心底心配そうな顔をするのですが、私はあえてこう言うのが一番効果的だと思っています。

だって子供からすれば「なんで私の宿題をお母さんがそんなに心配するの?」ってそう思っているんです。お母さんたちからすれば、ぎりぎりになって泣きながら宿題をする姿を見るのは忍びないし、本人が困らないようにと思って注意するのですが、その「注意」が子供にとっては実は逆効果。逆に反発を生み、結果的に宿題を渋々やったり、なかなか手を付けられなくなったりしてしまいます。また、宿題を嫌々したことがトラウマになってしまうことも…。

教育において「私メッセージ」と「あなたメッセージ」というものがあり、注意や指示などはあなたメッセージに当たります。「あなたはどうして宿題をしないの?」「(あなた、)早く宿題をしなさい!」と会話の主語を相手においてしまうため、どうしても否定されているように感じやすいのがこの「あなたメッセージ」の特徴です。

一方で、「私メッセージ」は、「自分はどう思うか」ということを相手に伝えることを言います。「お母さんは、宿題に早めに手を付けたほうが、あとあと楽になると思うんだけど、どう思う?」こんな風に言われると少しやわらかいイメージになりますよね。

特に多感な中学二年生~高校生の時期は自分でなんでも選択をしたいという気持ちがあります。そこに「あなたメッセージ」をぶつけてしまうと、火に油を注ぐ結果になります。しかし、私メッセージは、あくまで自分の感情を相手に伝えることで、どうするかということは相手に任せます。自分の選択に責任を負わせることで、自分の行動に責任を持つことを学ばせてあげることができるのです。

これでもし宿題が終わらなかったとしたら、本人が学校で怒られるだけのこと。それはお母さんが腹をくくって、本人に責任を持たせてあげてください。

でも実は、「私メッセージ」で伝えたことは案外聞いてくれているもの。そんな時には大げさすぎるくらいぜひ喜んであげて下さいね。特に思春期の男の子のお母さん、お母さんが喜ぶ姿、実は男の子めちゃくちゃ嬉しがってます。(笑)お母さんの喜ぶ姿を見たくて勉強を頑張る子、意外と多いんですよ!

まとめ

夏休みの宿題は、「なぜするのか」ということを、自分なりにでも意義付けることでずいぶんとその取り組みも変わってきます。学力向上のために宿題をするのももちろん重要ですが、夏休みの宿題を通して計画性を身につけたり、親子で何かに取り組むきっかけとして活用できると、宿題へのイメージも少しは変わるかもしれませんね!

ぜひ、楽しみながらこの夏の宿題の戦いを乗り越えていきましょうね。