魔の3歳?第一反抗期の乗り切り方

子どもを持つ親なら誰でも悩む反抗期。3歳前後で起こる「第一反抗期」では、自我が芽生えてきた子どもが反抗的な行動をすると言われています。

私自身も3歳の娘の反抗期に苦戦している最中です。ここでは反抗期について、対策方法と合わせてご紹介していきます。

  • 反抗期ってどんなもの?
  • 子どもが反抗期になったらどうすればいい?

同じように悩んでいるママのヒントになれれば嬉しいです。

そもそも反抗期とは?

「反抗期」と聞くと中学生や高校生など思春期の子どもをイメージする人もいると思います。実は私も自分で子どもを育てるまで、反抗期は10代の問題だと考えていたんです。

しかし育児をしていくうちに3歳前後で「第一反抗期」があることを知りました。実際に我が子たちも3歳になる少し前から、言う事を聞かなくなったり、ワガママを言うようになってきたりと悩まされるように…。きっと多くのママが大変な思いをしているはずです。

第一反抗期ってこんな感じ

「魔の2歳」とも言われるイヤイヤ期がやっと過ぎたと思ったら今度は「魔の反抗期」…。子どもの「魔」はいつまで続くのでしょう?!3歳前後の第一反抗期の主な特徴としては、どのようなものがあるのでしょうか。

自我が芽生えてくる

自分のやりたい事、やりたくない事がハッキリとしてくる時期。今まではママの言う事を素直に聞いたはずなのに、自分の欲求を主張するようになります。

  • スーパーでお菓子を買って欲しいとダダをこねる
  • 着る服はこれじゃなきゃイヤ!とゆずらない
  • 大人が手伝おうとすると怒る

あるあるですよね…。我が家の場合、息子は静かに怒るタイプだったので精神的に大変でした。一方、まさに今3歳で絶賛反抗期の娘はここに挙げた例の通りのタイプ。

スーパーで泣き叫びその場を離れないので、買い物に連れていけません。同じ兄妹でもやっぱりそれぞれ性格が違います。

手が出る・物を投げる

自己主張はしっかりしているけど、まだまだ言葉は大人のようには話せません。気持ちを上手に伝えられないと抑えきれずについ手が出てしまうことも。お友達を叩いてしまったり、おもちゃを投げつけてしまったり、行動で怒りを表現します。

乱暴な言葉を使う

言葉はまだ完璧じゃないのにお友達や兄弟、テレビなどのマネをして乱暴な言い方をすることもあります。まだ「ここでこの言葉は使わない方が良い」と理解していないけど、大人っぽい言い方に憧れるのかもしれません。

たまに親がびっくりするような話し方をする時もあります。YouTubeが大好きな娘は、動画で見た人と同じような口調で話していて思わず笑ってしまいました。

それは面白かったので良かったのですが、幼稚園・保育園などで乱暴な言い方をしてお友達とトラブルになってしまう可能性もあります。本人に悪気がなくても相手が傷いてしまうので注意が必要です。

第一反抗期になったらどうすればいいの?

では反抗期になったら、ママはどんな風に子どもと接すればいいのでしょうか?

子どもの気持ちを受け止める

ワガママに思える事でも、まずは子どもの気持ちを受け止めてみましょう。反抗するのは、何か理由があるはずです。イラっとしてつい怒ってしまいそうになりますが、子どもの意見を聞いてみると良いですね。

うまく言葉で表せないようだったら、ママが気持ちを代わりに言ってあげると「ママは分かってくれてる」と安心します。それから注意したり、してはいけない事を伝えたりしてみてください。

例えば…

出掛ける時間にテレビを見ている子どもに「もう行く時間だからテレビおしまいね。」と言ったらママを叩いてきました。そうしたら、すぐに「叩いちゃだめ!」と怒るのではなくまずは気持ちを受け止めて「テレビもっと見たかったんだよね」と声を掛けましょう。

それから「でも、もう行く時間だから帰ってきたら続きを見ようね」と言うと子どもは「ママはテレビを見たいって分かってくれてるんだ」と感じられます。

できる時には子どもの意見を優先する

毎回子どもの言う通りにはできませんが、可能ならやりたいようにやらせてみるのもひとつの方法です。

  • 人に迷惑がかからない
  • 危険ではない
  • ママが何とか許せる

その範囲ならたまにはいいですよね。自分のしたい事ができるととても嬉しくて満足できるはずです。

子どもに選ばせる

すべてを子どもに選んでもらったり決めてもらったりするのは難しいですが、簡単なことだけでも子どもに選んでもらうとよいかもしれません。

たとえば、我が家の娘は服の好みが超うるさいんです。私の趣味と全く合わないものが好きで、私が選んでも着ないことがよくあります。忙しい朝などは「もう!」ってイライラしていたんですが、子どもに選ばせた方が早いと気が付きました。

ただ、全てお任せするとビックリコーディネート(柄×柄とか、ピンク×ピンクとか)になってしまうので、OKな服をいくつか並べて「この中ならどれがいい?」と聞くようにしています。

この方法で選ばせるようにしたら自分の好きな服を着られるのが嬉しいのか、スムーズに着替えてくれています。「自分で決められた!」という満足感は子どもの自信にも繋がるようですね。

肯定的な言い方をする

私はつい命令口調で子どもに指示することが多くなってしまいます。

  • 「早くご飯食べて!」
  • 「そこのおもちゃ片付けて!」

当然、子どもからしたら怖いし気持ちが良いものではありませんよね。できれば優しく肯定的な言い方の方が子どもも嬉しいと思います。

  • 「ご飯食べたら遊ぼうね」
  • 「おもちゃが家に帰りたいって泣いているよー」

など楽しくなるような声かけができると◎。なかなか難しいんですけどね…。

「どっちが早く片付けられるか競争だー」

なんてゲームのようにするのも喜びます。もちろん、その時はわざと負けて「さすがだねー、負けちゃったよー」と言うのを忘れません!

子どもとの時間をたくさん持つ

子どもはママが大好き。反抗的な態度をとっていてもその気持ちは変わりません。実はもっと甘えたいと思っているけど素直に伝えられない場合もあります。

たまには時間を作って子どもとたっぷり遊ぶのもおすすめです。ママは毎日やる事がいっぱいで余裕もないとは思いますが、周りに頼ったり適度に手を抜いたりしてゆっくり過ごす時間も大切。

遊ぶ時間がない時はぎゅっと抱きしめるだけでも効果があります。ハグなら1分あればできそうですよね。スキンシップをとると子どもだけでなく、ママもホっとできるのでおすすめです。

我が家の反抗期対策

我が家は息子が9歳、娘が3歳です。息子の第一反抗期は終わったと思います。今は「ギャングエイジ」とか言われる年代らしいですが…。とはいえ、子育てはいつでも大変ですよね。2人の第一反抗期を経験してみた私の感想をお伝えします。

理想通りにはいかない!やるしかない!

対策を紹介した後に言うことではないかもしれませんが、理想通りにはなかなかいきません。受け止めよう、肯定的な言い方をしよう、と分かっていても実際にできない時の方が多いですし、やっても変わらないこともしょっちゅうです。

受け止めればいいって書いてあったのにー!

と何度育児書を責めたことでしょう…。でも当然なんですよね。同じ家庭で育ってきても兄妹で全然違うし、同じ子なんていません。書かれている通りにやって素直に聞く子もいれば、全く通用しない子もいます。

実際に色々と試してみて、とにかくやるしかないのかなと感じています。うまくいかなかったら違う方法を試して、ダメならまた次。そのうち、その子にぴったりと合うパターンが見つかります。

やってみたけど効果がなかったと悩まずに、とにかくあの手この手で子どもの反抗期を攻略してみましょう。大変ですが成功すると達成感がありますよ。うまくいったら「よくやった!」と自分を褒めてあげてくださいね。

息子・娘それぞれの反抗期攻略法

色々とやってみて、息子・娘それぞれに効果的なパターンがあることを発見しました。まず息子の場合は「笑わせる」。男子って下らない笑いが好きな子が多いですよね。

息子がイライラしていたり怒りそうな時には、すかさず面白い事を言ってみたり、笑いにしてみます。大げさなリアクションをするとよく笑ってくれます。気分はお笑い芸人。いかにして笑わせるかを考えて、実際に息子が笑うと「よっしゃー!」と思います。

娘への対策は「持ち上げる」。褒めたり、すごい!と驚いたりすると気分良く行動してくれます。「さすがだね!」「お母さんにはできないんだけど、やってくれるかなぁ?」とヨイショします。

ママはいつも女優のようですね。なりきって演技すると意外に楽しいですよ。

第一反抗期は今だけ

第一反抗期と分かっていても、毎日ワガママを言われるとぐったりしてしまいますよね。でも、それも今だけ。ずっと続くわけではありません。

私自身も反抗期真っ最中の娘にイライラしてしまうことがありますが、息子を見ると「こんな時もあったなぁー」と懐かしい気分にもなります。過ぎてしまうと本当にあっという間です。

子どもの成長を感じつつ、それぞれに合った対策を見つけていけるといいですね。攻略した時は達成感が味わえますよ!一緒に頑張っていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です