汚れても気にするべからず!お外遊びのススメ!

1歳児のお母さん兼OL兼ライターしてます

去年の11月から1歳になった娘を保育園に預け、仕事復帰を果たしたワーキングマザーです。それとは別にこのライターの仕事もほぼ同時くらいに始めてみました。

将来、娘が「ただいまー!」と帰ってきたときに、「おかえりー!!ぎゅー!!」とお家で出迎えてあげたいので、在宅ワークで生計が立てられるようにがんばり中です。

お外遊びは歩いてからがいいよね!という思い込み

娘が歩き始めたのはちょうど1歳のときでした。よたよた歩いていた娘も今や1歳3か月。歩いて移動は当たり前ですし、お外遊びも毎日のようにしています。そんな娘のお外遊びデビューは、まだ一歩も踏み出せていない、ハイハイのときでした。

それまでは「公園で遊んでみたいなぁ」と思っていたものの「いやいやまだ歩いてないし、行ったとしても土や草絶対食べるし、汚れてきたないしなぁ・・・」とマイナスなことばかり考えて、室内のプレイルームを転々として遊んでいました。

お外遊びのきっかけ

お外遊びデビューは思いがけずやってきました。 きっかけは保育園です。入園前の説明会で「みんなでお外で遊ぶので丈夫な靴を買っといてくださいね~」と先生に言われたのです。それを聞いた私は驚きました。

娘が通う保育園は山に囲まれており、自然とのふれあいを大切にしています。晴れていれば毎日色んなところへお散歩に行きます。歩けなくても靴を履かせてみんなでカートに乗って、公園やお寺の境内などで遊ばせるのです。

お外に行くときは「靴を履く」という習慣を身に着けるため「靴」に慣れるため、ということが目的のようです。

歩いていないのにお外をハイハイさせるなんて、私の考えの中にはないのでびっくりしましたが、私の考え方は狭かったなと少し反省し、逆に楽しみになってきました(←切り替え早い)。

丈夫な靴を用意しといてくださいね。ハイハイなのでつま先をずってすぐダメになると思います」と、先生に言われたので、さっそくばぁばに丈夫な高い靴をおねだりすることにしました(1足5000円の靴を買ってもらいました)。

はじめてのお外遊び

そして楽しみにしていた保育園初日。この日だけは私も半日一緒に付き添いました。ばぁばに買ってもらった靴を履き、みんなで仲良くカートに乗り、ついに迎えたお外デビュー!

めちゃくちゃ楽しそうに落ち葉をカサカサしています(11月の話です)。 めちゃくちゃ嬉しそうに土をイジイジしてます。 そして案の定、なんでも口に入れようとしています。

そして思いのほか、洋服も汚れ、オニューの靴も汚れます。新しい発見でした。

ずっと抱っこやベビーカーでしか見られなかったものが自分の手で触って感動している姿。その姿を見たら汚れなんて気になりませんでした。落ち葉を口に入れたらまずかったみたいでペッ!て出していました。心配になりましたが、「あぁ、こうやって口にいれないものを見分けるのか…」と感心しました。

娘と2人で公園巡りの毎日

保育園でのお外遊びを目にした翌日から、私と娘の公園巡り遊びが始まりました。どこにどんな公園があるのか、今まで調べたことがなかったのですが、とりあえず前日に楽しそうに遊んでいたので「落ち葉が落ちている公園」をメインに探すことに(季節的にどこの公園も落ち葉だらけでしたが)。

市のホームページに公園の一覧がありました。 参考にしてみてください。↓高崎市のホームページよりhttp://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013122500271/

初めての公園はキョトーンとしていましたが、慣れてくると落ち葉でキャッキャッと遊び始めました。公園デビューがまだのお母さん!公園で遊ぶ姿、とってもかわいいんです。お家遊びとはまた違う表情を見せてくれるので、私のカメラのシャッター音、止まりません!!

秋は落ち葉をヒラヒラガサガサさせてましたが、これからの季節は桜の花びらをヒラヒラと舞わせてみてください。キラッキラのかわいい笑顔が見られるはずです!

お外遊びの前に!知っておきたいグッズと公園のこと

春のお外遊びに便利なグッズ

ここからは公園に持って行って便利なグッズを紹介します。

①シート

100円均一の1~2人用のシートで十分です。おやつを食べるときは一緒にシートに座ってピクニック気分で食べてました。

②おやつ&水分

子ども用はもちろんですが、大人用も忘れずに。お日様の下で食べるおやつはまた格別です。大人でもそう思うのですから、子どもはもっとそう思うでしょう。

③お手拭き&携帯用手指消毒スプレー

公園には大抵水道もあるので、無くてもなんとかなりますが、あった方が便利ですね。消毒スプレーは気になる方は持っていくといいかもですね。

④靴

当たり前ですが、ハイハイの赤ちゃんも靴が必要です。娘はハイハイ時期から(保育園で)土・コンクリ・芝生の上をハイハイしていたので、丈夫な靴でさえ、つま先がほつれました(穴が開きそうです)。

毎日公園にいって激しく遊ぶ予定がなければ、サイズのあったそこそこ丈夫な靴でいいと思います。

⑤シャボン玉&砂場遊びセット

100円均一にびっくりするほど種類が豊富に揃っています。娘に初めてシャボン玉を見せたのですが、両手を広げ、シャボン玉をずっと追いかけていました。

砂場セットは落ち葉や花びらなどをすくったりして遊ぶこともできます。

(緑のバケツはこどもちゃれんじの付録ですが、そのほかは100円均一で購入しました。)

⑥帽子

日差しが強い日は帽子があると便利ですね。子どもは動きが激しいので、すぐ落ちないようにゴム付きの帽子がおすすめです。

⑦上着

体温が高いうえに動き回るので厚着はさせず、なるべくジャンパーなどの上着で体温調節できるようにしましょう。私は冬でも半袖の肌着+トレーナー+上着で遊ばせていました。

風が強かったり、寒い日は発熱性のある肌着を着させがちですが、汗をかくと乾きにくい肌着のため、逆に体が冷えてしまい、風邪を引きやすくなってしまいます。

⑧着替え

泥だらけになってしまい、チャイルドシートに乗せられない…というケースを考えて、着替えをもっていくことをおすすめします。

「除草剤」の有無については自治体か公園管理に確認!

県内にたーくさんある公園ですが、気になるのが「除草剤」の存在です。ハイハイや歩き始めの赤ちゃんは草や土など何でも口にいれてしまいます。心配ですよね。

調べてみると、「子供が遊ぶ公園なので除草剤は使わず、芝刈り機で除草してます」「人に影響のない除草剤を使用してます」「やむ終えず使う場合もあります」など公園によって除草作業は異なるようです。

そんな時は市のホームページを確認してみましょう!公園の除草剤散布について公表している場合もあります。もしくは公園管理を行なっている課へ問い合わせてみるのも1つの手です。

↓高崎市のホームページより
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs2015061200038/

↓伊勢崎市のホームページより
https://www.city.isesaki.lg.jp/shisei/shisetsu/koen/5196.html

公園デビューは焦らず急がず

お外で遊ぶタイミングは、季節や子どもの体調によって人それぞれ。ハイハイのうちからでも、歩いてからでも、正直いつでもいいと思います。

私のように「歩いてから!」という、変な固定概念を持っていると、「せっかくのかわいい姿がみられるのにもったいない!」と思い、今回コラムを書かせていただきました。

これから花がきれいな季節になりますのでお役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です