これ良かった!快適マタニティライフの必需品②妊娠後期編

妊娠おめでとうございます。 快適なマタニティライフを送るためには、便利なマタニティ用品はもちろん、意外にもこれが役に立ったというものもあります。

妊娠初期〜産後まで時期別に、あったら便利・これはなくても良かったものをピックアップして紹介していきたいと思います。

妊婦用抱き枕

妊娠後期になると日々ぐんぐんとお腹が大きくなって来ます。 歩くのはもちろん、階段の昇り降りなど動くこと全てが大変です。 横になる方が楽だと思いきや、次第にそれも辛くなります…(涙

寝返りはもちろんお腹を支えながらでないと出来ないし、うつ伏せが出来ないのも結構しんどいです。 夜になると活発になる胎動のお陰で、寝不足の日もあると思います。

そんな時抱き枕があると、横になるのがとーっても楽になります! 妊婦が楽に寝るための『シムス体位』が出来ます。 筆者は初めて抱き枕を使った日、いびきをかくほど熟睡しました(笑)

『シムス体位』はややうつ伏せで左側を下にして横を向き、右足は曲げて脚の間にクッションを挟む体位です。左手は背中側でもお腹側でも良いみたいです。

妊婦さん向けの抱き枕はメーカーによって、色々な種類が出ています。 筆者は上記のタイプを西松屋さんで購入したのですが、シンプルな三日月タイプで快適に使えました。波状になっているタイプやコの字タイプなどもあるようです。

ただ気をつけたいのが、一般的な抱き枕と妊婦用では中綿の硬さや高さなどに違いがあるようなので、新しく購入の場合は妊婦用をお勧めします。

また妊婦用抱き枕に共通して言えるのは、何通りにも使えるという点です。・抱き枕 ・授乳クッション ・腰当てクッション ・赤ちゃんのお座り補助クッション など筆者も産後は授乳クッションとして使っていました。

ただ赤ちゃんが成長するに従ってクッションに乗せるのが大変になってきたのと、重さでクッションが傾むいてしまうので、生後3ヶ月くらいまで使用していたと思います。

枕本体が洗えるウォッシャブルタイプやオーガニック素材などありますので、お好みに合うものを選んでみてください。

また実際に見て赤ちゃん用品専門店で購入するのもよいですが、大きいものなのでネット購入で配送してもらうのもおススメです!

ママリュック

産後に必要なものや入院中に必要なものを、そろそろ用意し始める頃ですね。 その中の1つが『ママバッグ(マザーズバッグ)』。

産後赤ちゃんのお世話グッズの持ち運びをはじめ、お子様が成長するまで長く使います。普通のバックでも良いのでは?とも思いますが、ママバッグはポケットがたくさんの機能的なタイプや、汚れにくい素材、洗えるタイプなどもあります。

形もトート型・ショルダー型・リュック型と色々とありますし、どれが良いか悩みますね。

また荷物がたくさん入るのは良いのですが、その分重たくもなります。 赤ちゃんも生まれたては3キロくらいですが、どんどん成長して大きくなりますので大きければ良いというわけでもないです。

またお子様の成長とともに持ち運ぶ荷物の内容も変わって来ますので、その時々でちょうど良いバックの種類も変わってきます。 そうなるとますますどんなバッグが良いのかわからなくなってきますが、まずは妊娠中にリュック型を使用することをお勧めします。

妊娠中からお勧めする理由としては、お腹が大きくなってくるとどうしても反り腰になりますね。 リュックを背負っていると前後で重さのバランスが取れるようで、他のバッグより断然楽チンです。

リュックなら万が一転んだ時なども両手が空いてますし、背中のクッション代わりになってくれると思います。

また産後は赤ちゃんを抱っこして、肩掛けバッグを持つのはとても大変です。 そこからお財布や携帯を探したりなんて…なおさら大変です。

リュックによっては側面にファスナーがあり、背負ったままでも荷物を取り出せるものもあります。また抱っこ紐を使って抱っこするときも、前後に重さがあったほうが片側に負担がかかるよりは良いのでは、と思います。

またリュック以外のバッグは、車での移動時や実家へのお泊りなど状況やお子様の成長や人数に合わせて増やしたり使い分けていくのが良いと思います。 先輩ママからのお下がりや出産祝いなどで頂く場合もあるので、必要になったら買い揃えるほうが良いと思います。

まとめると、

・まずは妊娠中にリュックを使い始める。

・お子様の成長や人数、状況に応じてバッグを増やしたり使い分ける。

実用的なママバッグは賢く揃えましょう!

食材の宅配サービス

何をするのも大変な時期。家事も一つ一つが一苦労です。 食事の準備に関しては買い物に行くのはもちろん、立って作業するのもお腹が邪魔したり、また夕方になるとお腹の張りが強まり横になっていることもしばしば…。

それでも朝食と昼食は用意しないとですし、妊娠中なので栄養バランスも考えないとですよね。 筆者も夕食の準備が出来なくて旦那様に作ってもらうことも多くありました。 そんな時に利用していたのが、食材の宅配サービスです。

全国配送してくれる『らでぃっしゅぼーや』『オイシックス』『大地を守る会』、スーパーから直接配送してくれる『イオン』『イトーヨーカドー』『コープ』など色々あります。

野菜からお肉はもちろん、冷凍になっていて湯煎で温めるだけのおかずや、電子レンジでチンするだけのものなど色々あります。 群馬だとスーパーまで歩いて行けないことも多いので、玄関まで配送してくれるのはとても助かりますね。

一定額以上だと配送料が無料になったり、中には妊婦さん割引などもあります。 また産後も赤ちゃんを連れての買い物は大変なので、先々のことも考えて利用してみてはいかがでしょうか?

妊娠後期は初期に悪阻で悩まされていた方も、落ち着いてくる時期だと思います。 赤ちゃんが生まれたら出来なくなってしまうこともあるので、今のうちに夫婦二人の時間を楽しんだり、一人の時間を満喫したりしておきましょう!