元カメラマン直伝!お遊戯会の撮影のコツ・ポイント

運動会シーズンが終わり、すっかり肌寒くなりましたね!
さて、そんな中、保育園に通う我が家の長女は一段と賑やかさを増しています。

その理由は…

お遊戯会!!!

年末最後の園行事としてお遊戯会(発表会)をおこなう幼稚園・保育園も多いのではないでしょうか。我が子の成長記録を残すため我が家でも毎年、ビデオカメラの準備は欠かせません。

実は私、元制作会社に勤務していたんです!
お遊戯会の撮影も何度も経験しています。

今回は、元ビデオカメラマンの経験から、ホームビデオカメラでもバッチリ撮影するコツを伝授しちゃいます♪

撮影ポジションはここだ!!

撮影に慣れない人でも失敗しづらいポジションは、大きく分けて2パターンあります。

①後ろのセンター

まず失敗しないポジションがここです。プロのカメラマンが入っている園では、恐らくこのポジションに業務用カメラがスタンバイされているはずです。その場合は、そのすぐ横にスタンバイしましょう。

後ろのセンターはステージ全体が撮影できるので、子どもがどの位置にいても、ほぼ問題なく撮影できます。

ただし!

このポジションは非常に競争率が激しいのが難点です。

②斜め後方

そこで穴場スポットとなるのが斜め後方!正面から子どもの姿を捉えることは出来ませんが、ポジション争いに巻き込まれる事が少なく、比較的空いているので、子どもを撮影出来る確率はグンと高まります。

ただし、このポジションに立つ際には、事前に確認しておくことが1つだけあります。

それは、子どもの立ち位置。子どもの立ち位置と対角になることがポイント
立ち位置を間違えると最悪の場合、舞台袖などがかぶってしまう恐れがあるので注意してください。

また、動き回る劇の時には、場合によっては撮影しづらいシーンが出てくるかもしれません。それでも、先にも述べたとおり後ろのセンターは非常に競争率が激しいので「確実に子どもを撮影する」のであればこちらの立ち位置がおすすめです。

カメラの構え方はこうだ!!

ホームビデオカメラで撮影する際に、ブレずに撮るコツを教えちゃいます。

①足は肩幅にひらく

足を肩幅にひらくことにより、上半身を安定させることができます。
何ごとも、足元を固めることは大切ですね!!

②脇をしめる

両脇をグッとしめることで、ブレを軽減することができます。イメージでいうと両腕(主に方から肘にかけて)で胸をギュッと挟むような感じです。

③カメラの一部を体につける

これはカメラの大きさにもよると思いますが、可能な場合はカメラの一部を体に付けるとよりブレにくくなります。理想はアゴをひいて、カメラのお尻(バッテリー)あたりを固定できると良いですね!!

ただし、小型なカメラの場合、無理に体にくっつけようとするとかえって撮影がしづらい体制になりますので無理のない範囲でOKです。

④息をとめる

撮影中は極力息を止めましょう。とくにズーム機能を使う時は、少しの揺れでも大きな手ブレになってしまいます!撮影中に息をする時は「優しく静かに」を意識してください。

⑤カメラを動かすときは『腰』で動く

子どもが動き回る劇などでは、カメラを左右に動かす場合があります。その時は、カメラを動かすのではなく、腰を軸にして動かしましょう。その際、上半身は②の体制を保ったままにします。

例えるなら、ロボットダンスのような動きですね!
(例えが古すぎたかな?笑)

この5つのポイントに気をつければ、撮影に不慣れなパパや華奢なママでも、きっと大丈夫!是非試してみてください。

事前準備と装備品を忘れるな!!

「段取り八分仕上げ二分」と言われるように、何事も事前準備が大切です!カメラマンにとって、事前の機材チェックは必須事項です。カメラ周りの準備は、かならず前日までにおこなっておきましょう。

機材チェックポイント

まずは備品のチェックです。

  • バッテリー(充電はOK?)
  • 記録媒体(SDカードなど)の空き容量

次に、カメラ本体のチェック

  • RECチェック(録画ができるか)
  • 音のチェック(音が録れているか)
  • 画質設定(フルハイビジョンなのか…など)
  • 記録媒体の設定(内蔵収録or外部収録)
  • その他、動作チェック

動作チェックでは、最低限下記のポイントをチェックしておきます。

  • RECボタンの位置
  • 再生ボタンの位置
  • 音量調整の位置
  • 明るさ調整の位置

とくに、会場内が暗くなる場合があるので、明るさの調整は確認しておいたほうが良いです。カメラの動作チェックをおこないながら、カメラの使い方も復習(あるいは予習)しておきましょう。

あったら便利な付属品

発表会の撮影に持ってると便利なグッズをご紹介します。

一脚

三脚よりもコンパクトなので持ち運びも軽く、他の保護者の方にも迷惑がかかりづらい一脚は手ブレを防ぐ効果があります。
とくに、ズーム機能を使うと手ブレが目立つため、狭い会場内定位置からズーム機能を使う撮影の時にはおすすめです。

また、一脚を使用する際には一脚とカメラをつなぐための雲台(通称:フネ)と呼ばれるパーツがあります。そのパーツをカメラに付ける際に、コインを使用するタイプが多いです。

一脚を使用する際は、コインを一枚、ポケットに入れておくと良いですよ◎

レンズ拭き(メガネ拭きでも可)

ホコリや雨など、万が一レンズに汚れがついてしまった場合に使用します。ティッシュなどで拭くと繊維がついてしまい、かえってレンズが汚れてしまったり、レンズを傷つけてしまったりすることも。

もし、砂などがついてしまった場合、そのまま拭き取ってしまうとレンズに傷をつけてしまいます。ブロアー(握ると空気が出るやつ)があると良いのですが持っていなければ、軽く息でホコリを飛ばしてからレンズ拭きで拭き取るようにしましょう。

踏み台

身長の低い方や、ポジション争いに勝てなかった場合に使用します。もしくは、はじめから争わず踏み台ありきで、後方からの撮影でもいいかもしれませんね★
折りたたみの踏み台であれば持ち運びもコンパクトですし、100円ショップでも購入できます。

さいごに

かつて、仕事で数々の園児たちを撮影してきましたが、母親になり、子どもの記録というのは本当に大切だなと思う今日このごろです。

子どもの成長は本当に早くて、毎日目まぐるしく過ごしています。

「一生忘れない!」と思った出来事も、日々の思い出で埋もれてしまいます。あんなに感動したはずのお遊戯会も、時が経てば「あれ?去年は何やったんだっけ?」…なんてことも。

どのご家庭にとっても、お遊戯会は大切な我が子の成長を感じる、とても大切な行事です。撮影をする際には他の保護者の方に配慮をしたり、園のルールを守っておこなってくださいね★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です