誰もが恋する恐るべきアンパンマン!あるあるエピソード

娘(1歳半)がついにアンパンマンに恋しました

寝ても覚めてもアンパンマン。保育園に行くにもアンパンマン、アンパンマン、アンパンマン…。私のスマホで「あ」を打てば一番に「アンパンマン」が予測変換されます。「〇〇〇(娘の名前)ちゃーん!」と呼んでも振り向かないくせに、「アンパンマーン」と呼ぶと嬉しそうに振り向く娘。 まさか、自分の娘がここまでどっぷりハマるとは…。侮っていました。

いや、いいのです。いいのですよ。アンパンマン。何かに興味を持つということは素晴らしいことで見ているこっちも嬉しいの。でもね、ママの頭もアンパンマンだらけでそろそろうなされそう。

そういえば、娘がまだ4か月くらいの頃、保育園の入園が決まったので必要な通園バッグを作るため、布選びをしていた時のこと。友人に「とりあえずアンパンマンの布で作っておけば間違いないよ!!」と力強く言われました。「えぇ…アンパンマン…?(心の声)」。なぜなら私自身がアンパンマンなどのキャラ物が苦手のため、娘にも持たせるつもりがなかったのです。そして友人の言葉をまったく信じていなかった私。結局、アンパンマンの布は選ばず、いちご柄の布を選びました。

そして時が過ぎ、1歳3か月頃…。娘が突如発した「アンパンマン」。いや、「まんまん」。アンパンマンのおもちゃはいくつか持っているけれど、今まで大して興味示さなかったのに!毎日Eテレばっかり見てたのに!(アンパンマンのアニメは見せたことがない)。「わんわん」じゃないの?「うーたん」じゃないの?「さぼさん」じゃないの?(さぼさんはさすがに無理か)。なんなの?アンパンマン。どこからやってきたのアンパンマン…。

そして娘のアンパンマン大好き生活が幕を開けたのです。

なぜ子供たちはアンパンマンに恋するの?

そもそもなぜ子供たちはアンパンマンにハマるのでしょうか?気になって調べてみました!

単純明快な丸尽くしの顔

視覚情報が未発達な小さな子供は単純明快な「まるいもの」に興味を抱くようです。男の子に人気のトーマスも丸いですよね。

ニコニコ顔が大好き

こちらもやはり単純明快なニコニコ顔。一目で「笑ってる」「楽しそう」などの感情がわかります。女の子だとディズニープリンセスも人気が高いですが、アンパンマンに比べて(人間らしい)複雑な表情がたくさんあるため、まだ小さな子供(~2歳くらい)は認識がが難しいのかもしれませんね。

赤が大好き

子供が最初に認識する色は白と黒と言われています。その次に認識するのが「赤」と言われています。確かに、子供に人気の絵本「しましまぐるぐる」「あかあかくろくろ」も最初のページは「黒」「白」「赤」から始まります。娘がまだ4か月だったころ、この絵本を見ると泣き止んでました。

実は言いやすい「アンパンマン」

子供が最初に発する言葉って「あー」「うー」「まー」「んー」がほとんどですよね。そう、「ぱ」以外が小さな子供が言いやすい言葉なのです。「ぱ」に関しても身近に「パパ」と呼ぶ存在があれば(お父さんだと微妙かもですが)、早々に「アンパンマン」という単語が出てくるのではないでしょうか。

以上のようにアンパンマンは小さな子供の心理に基づいて生まれていたのですね!やなせたかし先生すごすぎます。

アンパンマンエビソード「溺愛」編

ここからは我が家のアンパンマン「溺愛」エビソードをご紹介します!

ペンを見れば「まんまん書いて!」攻撃

紙やペンがそこらへんに転がっているものなら、それを私のところへ持ってきて「まんまんっ!まんまんっ!!」。「もうっ!かわいいなぁ!」そう思って最初はアンパンマンをたっくさん描いてあげてました。

しかし!その描いて描いて攻撃、画用紙に目いっぱい描いたのに「まんまんっ!」コールが鳴りやみません。たまぁにアンパンマンと関係ない絵を描くと怒られるし(泣)。気持ち悪いほど大量に描きすぎてもうママの手が限界です…。

お風呂でもエンドレスアンパンマン

お風呂が大好きな娘のために、水で流せるクレヨンが常備してある我が家。アンパンマンに恋する前は、クレヨンで適当に遊んでいたのに、私がアンパンマンの絵が描けると理解した途端、クレヨン持って「まんまんっ!まんまんっ!」。嘘でしょ!?お風呂入る前も画用紙にたくさん書いたんですけど(泣)!と思うものの、可愛い娘には逆らえず、お風呂の壁全面に気持ち悪いほどアンパンマンを描く私。

このエンドレスアンパンマンを抜け出すために、お風呂の壁にペタペタ貼り付ける「アンパンマン おふろでピタッと! DX」というおもちゃを購入しました。早速娘に渡してみると、なんとまぁ!エンドしましたアンパンマン。

https://www.agatsuma.co.jp/product/anpanman/696.php

しかし!エンドしたと思ったのも束の間。今度は21種類あるキャラクターを1つずつ渡され、それを描いて!と指示してきたのです。子供の発想、天井知らず。

初めてのアンパンマンのお洋服で萌える母

キャラ物の洋服などを身に着けるのは抵抗がある私。どんなにアンパンマンラブでも「絶対買わないぞ!」と乗り切るつもりでしたが、無理でした。子供服のお店に行くと大抵アンパンマンの服ってありますよね(西松屋、バースデー)。娘はアンパンマンを見つけるのが大得意でかなり遠くにあるのにすぐ見つけます。

その日もアンパンマンの洋服を見つけた途端「まんまんっ!」連呼。スルーしたのですが、ずーーーっと「まんまんっ!」と言っているので、仕方なくパジャマを買うことにしました(家着ならまだいいかなと思って)。2種類の絵があったので「どっちがいい?」と聞いたら、アンパンマンがたくさん描いてある洋服をギューーーーーーー!と抱きしめたのです。萌え…。かわいすぎる…。絶対買わないぞ精神がもろくも崩れ去りました。

今後見境なく買ってしまいそうな自分が怖い…。と思ったのも束の間、すぐ次のパジャマや肌着を買ってしまいました。

大丈夫。アンパンマンはヒーローだから…

当時、唯一のアンパンマンが描いてあるパジャマを外に干していたら、娘がバンバン窓を叩いて「まんまんっ!まんまんっ!」とパジャマを指さして泣きそうに叫んでいました。大事な大事なアンパンマンが手の離れたところへ行ってしまい、悲しかったようです。

「大丈夫だよ。アンパンマンはヒーローだから一番に乾いて娘のところへ戻ってくるよ~」と教えてあげたら興奮は冷めてくれました。そしてヒーローは一番に乾いたので(通気性抜群のメッシュ素材)、すぐ着せてあげたら大喜び。

大量の洗濯物の中からアンパンマンを見つけ出す娘

アンパンマンの奪い合い

群馬フラワーパークにある人工池での出来事。ミニアンパンマン人形を持って池で遊んでいたら、娘より少し上の男の子が近づいてきて、持っていたアンパンマンを奪おうとしたのです!でもうちの娘も負けじと「あたちのよーー!!」と力強く引っ張ります!水上決戦の結果、男の子が勝ってアンパンマンは奪われてしまいました…。そして娘は悔しくて仁王立ちのまま歯を食いしばって泣いていました(その姿でさえかわいい)。

最終的には男の子のパパが気づいてくれて「ごめんね」と返してくれましたが、やはりアンパンマン人気強いんだなと実感。外出すると、基本的に奪い合いが始まるので今ではしっかり名前を書いてます。

アンパンマンエビソード「買い物」編

買い物するときもアンパンマンの存在忘れません。買い物あるあるエピソードをご紹介します。

冷蔵庫の中にもアンパンマン

冷蔵庫に必ずあるもの…。それは「アンパンマンカレー」!カレーの中に入っているアンパンマンシール、子供は喜ぶんですよね。 気づけばこんなにたくさんのアンパンマンカレーが。 そして増える増えるアンパンマン系ご飯のお供。

買い物するときはもちろん…

スーパーなどへ行くとき、必ず乗るもの。それはキャラカート!キティちゃん、ドラえもん、トーマス…。色々な種類のキャラカートがありますが「アンパンマンぜったーい!」と唸りながら訴えられます。奥にあっても出して出して攻撃。

いやいや、娘よ。あんなに大きいカートを引っ張り出すのは至難の業なのよ。と思い、手前にあるカートもしくは普通のカートに乗せることが多々ありますが、案外ケロリとして買い物を楽しんでいます。「なんでもいいんかーい!」。

アンパンマンエビソード「敵対」編

大好きなアンパンマンでもたまには嫌いになるときもあるのです。そんな敵対エピソードをご紹介します。

ショーのアンパンマンは本物じゃない

地元のスーパーにアンパンマンがやってくるということでアンパンマンショーデビューしました!

喜ぶ顔が見たくて、開始30分前から並んで待ったものの、いざアンパンマンたちが登場したら…無表情…。むしろ、周りの子供たちが着ているアンパンマンの服や靴、リュックサックに大興奮して「まんまんっ!」連呼していました。どうやら、ショーのアンパンマンたちは娘にとっては本物ではないみたいです。きっともう少し大きくなったらショーのアンパンマンにも興奮するのでしょう。

たまにはアンパンマンが邪魔

夜、眠るとき、私と娘の間に大きめアンパンマンを置いて「ねんね~」というと、「ママの隣はあたちよ!」と言わんばかりにアンパンマンを「どぅ!(どいて!」と投げ捨てます。その姿に私は萌え萌えずっきゅん。

アンパンマン<お菓子

どんなにアンパンマンが大好きでもお菓子以上の存在にはなれません。まずはお腹を満たしてから、アンパンマンを愛でることが基本みたいです。お腹すいているときにアンパンマンを渡しても「どぅ!(どいて!)」と投げ捨てます。あぁ、アンパンマン人形の顔も分けられたら完璧なのに…。

みなさんのあるあるエピソードは?

我が家のアンパンマンエピソード、いかがでしたか?共感できるエピソードはありましたでしょうか?「うちはまだまだ先」と侮っているママ!そのうちアンパンマンやトーマスたちに恋する日が突然やってきますよ!そのときは、このコラムを少し思い出して「あぁ~これか!」と萌えながら子供の成長を楽しんでもらえたら嬉しいです。