小学生の習い事~ママはサッカー少年応援団!〜

息子(現11歳)が4歳の時。「おれ、サッカーがやりたい。」と言い出しました。

お金もかかることだし中学生になったら部活でやり始めるから別に今からやらなくてもいいじゃないか…。そう思った私は、
「一ヶ月考えてどうしてもやりたかったら教えて」と話し、聞き流した一ヶ月後。

「やっぱりサッカーやりたい。」

4歳の息子の意志が思いのほか固かったので、自分が言い出したことだから途中で辞めたいはダメだよと言い聞かせ、「習い事ってお金がかかる…」「送り迎えとか大変だし…」「保護者さんとのお付き合いも大変そう…」そう思いながらも息子の為に始めてみました!

ウエアにスパイク…どんどん飛んでいくお金事情。

サッカーってボールと靴だけあればできるからお金はそんなにかからないかも〜。と高を括っていた私。 実際そんなに甘くはありませんでした。

年会費に遠征費…

まず、息子が所属する少年団では年会費が24000円〜36000円かかります。これは低学年と高学年では試合数が違う為、高学年になるにつれ24000円から少しずつ上がっていきます。遠征や合宿ともなるとその都度30000円程は用意が必要です。

買い替え必須の備品達

それから備品を揃えなければいけません。

サッカーに必要な備品

  • リュック (¥3000~20000)
  • スパイク (¥2000~15000)
  • トレーニングシューズ (¥2000~15000)
  • ピステ上下 (¥12000)
  • アンダーウェア上下 (¥5000~10000)
  • サッカーボール (¥2000~10000)
  • キーパーグローブ (¥1000~8000)
  • 練習着 (¥7000)
  • すねあて (¥2000~6000)
  • ソックス (¥1000~2500)
  • スクイーズボトル (¥500)

この備品に、とにかくお金がかかります。

低学年のうちは半年に1回変えれば大丈夫だったスパイク。4年生くらいからは二ヶ月に一度のペースで買い変えないと底が減りボロボロ。走れなくなります。アンダーウェアは縫っても縫っても膝にパックリ穴が空き、二ヶ月で限界がきます。

ソックスに至っては我が家ではティッシュ同様で消耗品という扱いです。息子が所属する少年団では練習着とアンダーウェア、靴下は全学年統一で決まっていますが、ユニフォームだけは各学年で団からお借りできるので、それだけでも家計には大助かりです。

冬支度はまた別物

また私の住んでいる地域は雪がたくさん降るので冬はグランドが使えなくなり、体育館でのフットサルに切り替わります。ですので、冬の為にフットサルグッズも揃えないといけません。

フットサルに必要な備品

  • フットサルボール  (¥2000~10000)
  • フットサルシューズ  (¥2000~15000)

この冬場しか使わないフットサルグッズ。小学生の目覚ましい成長のおかげで、昨年の物でいいかな!ができません。

フットサルへの移行目前で買い替えないと、シーズンの途中でまた買い替える羽目になり、とてももったいないことになってしまいます。

激しい消耗ランキング

  1. ソックス
  2. アンダーウェア
  3. 洗濯洗剤
  4. ママの体力

砂でザラザラの格好で練習や試合から帰ってくるので、洗濯物も掃除機の回数も倍になります。

また洗濯や掃除の回数だけでなく、食事にも変化が生まれます。試合の際の昼食も、カロリー計算をしたり消化が良くすぐにエネルギーに変わる軽食を考えたりするので、もしかしたらママの体力の方がソックスよりも消耗しているかもしれませんね。

毎週毎週大忙し!サッカー少年のスケジュール

スポーツの基本はまず練習!みんな練習をたくさんして試合で結果を出すことを目標に頑張りますよね。

問題なのはその練習度合い。これは各スポーツクラブによって違うと思いますので、例として参考にしてください。

サッカー少年の基本週間スケジュール

  • 日曜日 試合or3時間の昼練
  • 月曜日 OFF
  • 火曜日 19:00〜21:00夜練
  • 水曜日 OFF
  • 木曜日 19:00〜21:00夜練
  • 金曜日 19:30〜20:30 夜練
  • 土曜日 試合or3時間の昼練

この他に朝のランニングをしたり学校から帰ってきて家で個人練習をしたりと大忙し。(雨が降るとやったー!と思ってしまうのは私だけではないはず…)

高学年になると土日は毎週なにかしらの試合が入ります。試合となると一日がかり。乗り合わせで行きますが保護者が全て送迎をします。

車で片道30分〜2時間の場所で行われることが殆どですが、年に2〜3回は遠征や合宿で片道3時間超えの場所への泊まりになることも。クラブによってはバスを出してくれる所もあるそうですが、息子が所属しているクラブでは保護者が送迎をします。ちなみに、私は送迎の時間がドライブになっていて楽しいので、そこまで苦ではありません。

敬遠しがちな役員さんの仕事

子どもたちのサポートの先端を担う役員さん。ママが役員さんになると日常が本当にサッカー一色になります。

役員さんの役割

  • 試合の出欠管理
  • 監督コーチとの連携
  • 試合や練習日程の管理
  • 試合で使う備品の管理
  • 配車の組み合わせや清算
  • 保護者の取りまとめ
  • 会議への参加

などなど…。数え切れないくらいの役割があります。大変ですが、子どもたちのサポートをいちばん近くでできるのは役員さんの特権ですね。

感動と成長を感じられる少年団

お金も飛んでいくし、送迎も本当に大変な小学生の習い事。でも、汗を流しながら走り大きな声で仲間を励ましゴールに向かっている姿は、普段の生活をしているだけでは絶対に見られない姿だと思います。息子がシュートを決めた瞬間なんて涙無しには見られません。(涙脆い私は他の保護者さんより余計に泣いている気がしますが…。)

仲間を大切にすることを教えてもらったと感じるのは学校よりサッカークラブでした。

そしてなにより学校がお休みになる土日に、家の中で暇を持て余しゲームばかりしているのではなく、グランドへ行って全力で走りまわるということは小学生ママとしては最大の魅力です!!炎天下でも雨の中でも毎日のように走りまわっているので、身体もどんどん強くなります。

そして、夏休みなど長いお休みの時は学校から大量の宿題が出ますよね。それを見越して監督コーチは「学校の宿題を終わらせてからサッカーをやることが監督コーチからの宿題」と言ってくれることがあります。息子がリスペクトしている監督コーチから直接言われる言葉は、ママやパパや先生に言われるよりずっと効果があります。

新しい発見を大切に…

幼児のサッカー教室からサッカー少年団に入り、かれこれ7年。一言も辞めたいと言うことなく頑張っている息子は、上手ではないけれど大好きなサッカーを真剣に思い切り楽しんでいます。楽しんで頑張っている息子を応援できることは私の日々の励みにもなっています。サッカーに限らず小学生の習い事は、大変なことより子どもの新しい発見がたくさんありますよ★